トップ >  ニュース >  2011年「中国経済の10大予測」

2011年「中国経済の10大予測」

 今や中国が咳をすると世界が風邪をひく時代。その一挙一動に世界が注目しているが、2011年の中国経済はどうなるか? 多摩大学の沈才彬教授が、「2011年中国経済の10大予測」で、その動向を大胆に予想した。

1)減速があっても失速の懸念がなく9%成長へ
・金融引き締めなど減速要因はあるが、失速する懸念はなく9%成長は可能。

2)インフレ率は4~5%
・2010年の政府のインフレ率目標は3%だが、目標はすでにオーバーしており、11年もインフレ亢進が続く。

3)不動産価格の調整局面が続くが、年末から転換の可能性も
・住宅バブル抑制のために、政府は金利や預金準備率の引き上げなどで対応。調整局面は当面続くが、年末にかけて再び上昇の可能性も。

4)金融引き締め政策は一層鮮明に、金利引き上げは2~3回
・インフレ率が8%を突破すれば、国民の不満が高まり、社会不安につながる恐れがある。インフレ抑制策を一層鮮明に。

5)人民元切り上げ幅は7%前後、ただし外部圧力が強い場合は5%前後にとどまる
・インフレ対策の一環として切り上げが予想される。ただし中国が自主的に行うことが必要で、仮に米国から強い圧力があった場合には逆効果に。

6)第12次5カ年計画が全人代で採択され、民生重視に力点
・国民所得増と生活水準の向上で、個人消費の伸びが成長要因に。

7)個人所得税の減税で消費の刺激効果が期待される
・幅広い個人所得減税が実施される見通し。

8)新車販売台数は人類史上最多の2000万台前後へ
・2010年の新車販売台数は1800万台を突破。2011年は個人所得の増加が追い風に。

9)中国の高速鉄道は海外受注へ
・中国高速鉄道は国内でさらに拡大する一方、海外受注獲得へ。日本の新幹線技術と激しく競り合う展開に。

10)上海株価指数は3500~4000ポイント
・個人所得減税、上海ディズニーランド着工などが好材料に。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする