トップ >  クオリティライフ >  熱気渦巻く上海アート事情レポート

熱気渦巻く上海アート事情レポート

中国から第二の村上隆は生まれるか
 中国では土地はすべて国有で、富裕層といえども不動産を持つことはできない。勢い、資産は投資へ向かう傾向がある。そのなかでも最近とみに熱を帯びているのがアート、特に無名の芸術家たちの作品だ。

 彼らの多くは前時代的な工場跡地をアトリエやギャラリーへと変え、活動の拠点としている。北京には798芸術区があるが、上海ならばM50。北京同様、いかにも共産主義的な数字とアルファベットの無機質さとは裏腹に、そこで繰り広げられている商戦は静かに熱い。

 例えばM50の草分けであるShanghART(香格納画廊)。スイス人がオーナーであるここはバーゼルアートフェアの常連であり、国際的にもっとも注目を集めるプライベートギャラリーのひとつだ。その売り上げは、5日間のバーゼルだけでも日本円で億単位は下らないと言われている。

 結果として、多くの投資家の目は、有望な新人作家へ注がれる。賞を獲るなり、海外で売れているというニュースが伝わると、瞬く間に金額が跳ね上がるという。M50の成功を受けてか、欧米の目利きのプロデューサーがここを拠点とし、新たな水脈を探している。

 ただ、加熱するアートシーンは玉石混淆の瑕を持つ。M50に限らず、上海全体のアートシーンでどこか似たようなモチーフ、タッチが散見される。特にブームとも言えるのが、毛沢東などの共産主義のアイコンを使ったグラフィカルなポップアート。あるいはオールド上海のリファイン。どこか予定調和的で突き抜けたパワーに欠ける。

 また、隣接するギャラリーでアーティスト名は異なりながらそっくりな作品が並んでいるのを見ると、体制へ歯向かう孤高さより、商魂の逞しさを見出さずにはおかない。あくまで私見だが、以前訪れた北京に比べ、上海のほうがその傾向が顕著な印象だ。実際に、北京訪問時に取材したアーティスト界のフィクサー、黄鋭(ホアン・ルイ)氏は「上海は金儲け第一で、海外の物まねばかり」と厳しい言葉で評していた。

 とはいえ、マネーとアートは決して対立するものではない。潤沢な資金によるパトロネージュが、優れた才能を呼び寄せ、育てることは歴史的な事実だ。中国の村上隆が生まれるか、上海のアイ・ウェイウェイが出てくるのか、はたまたコンテンポラリーアートの徒花で終わるのか。いずれにせよ、混迷ゆえにエネルギッシュな上海アートの現場は、刺激的であることは間違いない。

 M50も含めたアートツアーはザ・ペニンシュラ上海の「ザ・ペニンシュラアカデミー」で開催中。


◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする