トップ >  ニュース >  億トレーダーたちの聖域「PO投資」ができなくなる

億トレーダーたちの聖域「PO投資」ができなくなる

 投資家の間では「PO投資」と呼ばれる公募増資株は、薄利ながらディスカウント分だけを抜けば、ほぼノーリスクで薄利ながらリターンを得ることができる投資として人気がある。だが、金融庁が発表した新アクションプランによると、今まで通りのPO投資がやりにくくなる、との声が早くも出ている。

 まずPO投資とは、公募増資株のことで市場価格の3~5%ディスカウントされた価格となっている。入手して、空売りを同時に行ってリスクを減らし、確実に3~5%の利益を取るという超ローリスクの投資方法だ。

 だが、金融庁がこのほど発表した「金融資本市場及び金融産業の活性化等のためのアクションプラン」によると、「増資公表後、新株の発行価格決定までの間に空売りを行った上で新株を取得するという新株の発行価格を歪める取引が行われているとの指摘がある」などと現状を認識。

 その上で「増資公表後、新株の発行価格決定までの間に空売りを行った上で新株を取得する取引を禁止することとし、平成23年度上半期を目途に金融商品取引法の関連政府令の改正を行う」と、法改正まで検討している。

 1億円以上の資産を持つある個人投資家は「ザラ場は儲からないから絶対にやらない。今はPO投資しかしない」というほどで、PO投資は今や勝ち組にとっては当たり前の投資手法となっていた。

 FXとPOで2億円以上の資産を築いたHappyさんは「確実にディスカウント分を抜くことができなくなるということです。この規制により価格決定前に多くの空売りが入らなくなりますと、価格決定後にヘッジ組の空売りが入りますので、価格決定後の株価が弱くなる可能性があります。そうなりますと、ヘッジ組もノーヘッジ組も今までよりPOで儲けにくくなりそうな気がします」と、ブログで意見を表明している。

 勝ち組投資家にとっては、勝てる市場をどんどん狭められていくような気分だろう。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする