トップ >  メイク・マネー >  相続税が上がる前にやっておくべきこと

相続税が上がる前にやっておくべきこと

対策の王道は「生前贈与」と「不動産購入」

 

荒巻
荒巻善宏氏
 相続税に詳しい税理士法人チェスターの荒巻善宏代表は、「相続税を節約するための基本は、『生前贈与』と『不動産の購入』だ」と語る。まず、相続税の生前対策には、「遺言の作成」「金融商品の購入」「不動産の売買」「賃貸借契約の締結」「養子縁組」など、多種多様な法律行為がある。

 また税調は、若年層への資産移転を促す贈与税減税を打ち出した。20歳以上の子や孫への贈与について、2500万円まで非課税で、さらに税率を一般より5~10%下げる方針。現行は子が死亡している場合を除き、孫には生前贈与ができなかった。孫への贈与は1世代分の相続税を飛ばせるため、非常に有効な節税方法だ。

 荒巻氏は「土地の評価は千差万別で、合法的に土地の評価額を半分にすることも可能だ」と語る。たとえば、土地の形状が悪い場合には、最大で40%評価額を下げることができる「不整形地補正」などの特例がある。

 また、「相続面から考えれば、借金をしてでも不動産などを購入して、土地を活用したほうが大幅な節税につながり、相続税対策に役立つ」(荒巻氏)という。相続税の評価は土地であれば通常の時価の約80%、建物は建築価格の約60%程度。つまり現金で1億円持っていれば、相続評価額は1億円だが、1億円の土地を購入すると8000万円、1億円の建物を購入すると、60%の6000万円という評価になる。

 他にも、「賃貸アパート建築で、相続税評価額は70%になる」「『小規模宅地の特例』の条件がそろえば、相続税がなんと80%オフになる」「生前に路線価の高い土地に引っ越せば、特例による評価減額が膨らむ」「など、さまざまなテクニックがある。

 このお正月には家族・親戚が一同に会する機会も多いだろう。無用な税金を取られないために、これを機会にみんなで検討してみてはいかがだろうか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする