トップ >  メイク・マネー >  相続税が上がる前にやっておくべきこと

相続税が上がる前にやっておくべきこと

富裕層に厳しい税制改正


相続税
 2011年度税制改正大綱は、相続税を増税する方針を打ち出した。これまでは相続税など人ごとだと思いこんでいた人が多いはず。それもそのはずで、仮に妻と子供2人が相続する場合、8000万円までは相続税がかからなかった。2009年に亡くなった人のうち、実際に相続税の課税対象となったのは、たった4.1%の4万6431人にすぎない。しかし改正によって、この対象に含まれる人は増える。この分野に詳しい人にはすでに周知の事実であろうが、相続税対策の王道は「生前贈与」と「不動産購入」だ。

 現在は定額部分の5000万円に、法定相続人1人当たり1000万円を加えた金額を、遺産額から控除。遺産総額が基礎控除額に達しなければ、相続税はかからない。政府税調はこの定額部分を3000万円、法定相続人一人当たりの金額を600万円に下げる方針だ。妻と子供2人が相続する場合なら、改正後は4800万円以上で相続税が発生する。政府税制調査会は、この改正によって課税対象が6%程度の約7万人に拡がるとみている。

 また、改正案は最高税率を50%から55%に引き上げるなど、富裕層に厳しい内容。現行では法定相続人1人当たりの受取相当額が3億円を超すと50%の税率がかかるが、新たに6億円を超す部分に55%の税率をかける。仮に遺産課税額が10億円なら、相続税額は1億7810万円。現行と比べるとなんと1160万円もの増税となる。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする