トップ >  クオリティライフ >  第2の慶應幼稚舎ができれば、お受験界はどう変わる?

第2の慶應幼稚舎ができれば、お受験界はどう変わる?

2つの慶應の合格発表はどちらが先になる?

―新慶應の試験内容はどのように変わると考えられますか?
「今までの慶應ではペーパーテストはなく、運動と制作が試験内容でしたが、これは新慶應でも変わらないと思います。しかし、プラスαとして、何か他の要素を加えてくる可能性が高いでしょう。現段階では何かはわかりませんが、必ず違うはずです。現行の入学試験でも、キラリと光る子供たちを先生方の眼力によって選抜していますが、入試傾向を同じにすれば、比較的卒業生や兄弟関係を大事にする従来の選抜方法を連想させてしまいます。新慶應では、さらに子供たちの柔軟な思考力や運動神経を試すような、テクニックではどうにもならない、その子本来の能力がよりわかるような試験が行われるのではないでしょうか。」

―試験日はどうなるでしょうか。
「現在、神奈川県の多くの私学は、解禁日である10月の第三火曜日に入試を行っています。しかし、青葉区の桐蔭学園小学部や緑区の森村学園初等部は日程をずらして、他校との併願を可能にしています。慶應が、神奈川県の他の私学に配慮して日程をずらすのか、他校の合格者から辞退者が増えることを考慮してあえて同日にしてくるのか、どちらを選択するかは不明です。また新慶應の合格発表を先にして、その後に渋谷区の慶應の合格発表を行う可能性もあります。慶應を受験する人は、2つの慶應の両方に合格したら、やはり渋谷の慶應に行きたいと思う人が多いはずです。辞退者や補欠の数などを考慮して、日程が決定されると思います。」

新慶應ができることで神奈川の私学が受ける影響

―補欠の人数は、どの程度動くものですか?
「例えば学習院は定員が男40名、女40名ですが、昨年、男の子の補欠が18番まで動きました。つまり、半分近くが他校に流れているということです。また学習院はこの10年で、補欠が20名全員繰り上がったことが2回ありました。これが何を意味するかというと、学習院はコネではなく、能力で欲しい子供をとっているということです。辞退されても構わないから欲しい子供をとる、ということ。そのため、これだけ補欠が動きます。慶應も、2つの慶應がどう前後するかで、補欠が大きく動く可能性はあります。」

―神奈川県の他校は、新慶應ができることで、受験者が流れるのではと心配しているのでしょうか。
「その心配はあまりないと思います。最初は慶應だけを考えて勉強を始めても、いざ受験になれば、それまでの努力を考えて他の私学も受けることがほとんどです。ですから、全体の受験者数は間違いなく増加するでしょう。」

 縁故のある子供たちに有利なイメージのある、現在の慶應幼稚舎。しかし、新しくできる慶應は、優秀な子供たちへさらに門戸を広げるという意味で、試験内容から従来の慶應とは一味異なったものになりそうだ。とは言え、試験で試されるのはこれまでと同じように、柔軟な思考力、好奇心の豊かさ、運動神経、創造性であることに変わりはない。愛情あふれる家庭での実体験に裏打ちされた、子供たち本来の力をいかにアピールできるか。今後小学校受験を控える親子は、2つの慶應を視野に入れた上で、子供の元々の能力をさらに伸ばす受験対策をしていく必要があるだろう。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする