トップ >  メイク・マネー >  ヘッジファンドマネジャー

ヘッジファンドマネジャー

カラフルな人たち


ヘッジファンドマネジャー
 ヘッジファンドは、よく金持ちクラブといわれる。億、あるいは十億単位での投資となるので、資産家でないと投資家として仲間に入れて貰えなかったからである。しかし、この頃はプライベートバンクなどが小口売りをしてくれるし、ファンド・オブ・ファンズもあるので千万単位、あるいはそれ以下での投資も可能となった。
 
 ヘッジファンドマネージャーも含め、数多くのマネージャーにインタビューしたが、実にカラフルな人が多かった。ハンサムな元ボクサー、元宇宙工学のエリートエンジニア、哲学者を標榜する人。彼等がなぜヘッジファンドを開設したがるかといえば、第一に運用がうまくいけば莫大な成功報酬が貰えるというインセンティブのためである。同時に運用規制が少ない事も自由に運用の腕をふるうのには有利なのである。煩い上司がいないのもいい。それで最も優秀なファンドマネージャーは、次々とヘッジファンドへと移ってしまう。その中にはモラルの高くないマネージャーも混じっているので、詐欺事件なども後を絶たない。しかし、サラリーマンの身ではファンドマネージャーは務まらない。この点は投資の教祖的存在であるウォーレン・バフェットも指摘している。組織の人間、組織の理論とファンドマネージャーは相容れない存在なのである。

性格と投資手法の関連性


ヘッジファンドマネジャー
 ファンドマネージャーの投資手法は実に様々である。徹底した体験主義の人は、レストランチェーンを担当すれば、一日中食べ歩いて株式の選択をする。職業病というべきだろう。ものすごい体重になっていたそうだ。反対に、会社訪問など全く行わず、全てモデルによって株式の選択や売買のタイミングを決定するクオンツ信奉者もいる。大抵、有名大学の博士号を持っていて、学会での発表のように数式をつかって説明してくれる。しかし、いくら頭がよくても運用成績がよいとは限らない。反対に、なんの変哲もないごく常識的な手法でも十年以上、平均で年20%近い運用をし続ける人もいる。
 
 ファンドマネ-ジャーの性格と投資手法にも関連性がありそうだ。何故か、買い持ちが得意な人もいれば、売り持ちが得意な人もいる。また自分は性格的にマーケットニュートラル型の手法が合っていると明言する人もいる。

注意すべきファンドマネージャー


ヘッジファンドマネジャー
 しかし、いずれの場合でも、十年近く各ファンドの運用成績を追っていると、幾つかの共通要因があるのに気付く。まず、市場に合わなくなったと自分の投資手法をころころ変える。こんな近視眼的なファンドマネージャーとは早々と縁を切った方がいいし、すくなくともデューデリジェンスをやり直す事。また、離婚とかチームメンバーの揉め事があると不思議と即成績に影響がでてくる。そして、なにより成績がうなぎのぼりに良くなった時の態度が問題となる。
 
 どうしても、特に若いファンドマネージャーは、よい成績が続くと自分は何でも出来ると、神に近づいたような気分になるらしい。ギリシャ語でヒブリスという。これに犯された人は突如、米国株の運用から日本株にも手をだしたり、自分の投資手法とは別の手法にも手を広げたりし、結局は失敗する。一時的に良い成績を出すファンドは結構多いが、毎年コンスタントに良い成績をだすファンドマネージャーはごく限られている。
 
(「週刊 金融財政事情」に掲載)


榊原節子様
取材協力:榊原節子(アルベロサクロ株式会社代表取締役)
 東京生まれ。米国マウント・ホリヨーク大学を経て、国際基督教大学社会科学科卒業後、国際会議同時通訳者となる。大手証券会社にて主として医薬品・バイオ企業間の企業買収に携わる。1991年、国際税務・国際投資コンサルティング会社、アルベロサクロ株式会社を設立し、代表取締役に就任する。国内外の幅広い人脈を生かし国際的視野に立ったファイナンシャルアドバイザーとして活躍。ヘッジファンド、プライベートバンク、ファミリーオフィス、資産継承、金銭教育をコンサルティングテーマとする。著書に『欧米資産家に学ぶボーダーレス時代の資産運用法』(東洋経済新報社)、『プロが教える海外資産投資-あなたの財産を有利に殖やすノウハウ』(太陽企画出版)、『金銭教育-小遣いから資産家の二世教育まで』(総合法令出版)、『わが子が成功するお金教育-よい小遣い悪い小遣い』(講談社+α新書)、『セレブのルール』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『カモにならない投資術-人生後半からの負けないお金哲学』(太陽企画出版)がある。現在はコンサルティング・資産運用に携わる他、団体の役員(国際基督教大学参与、特定非営利活動法人相続税寄付推奨会議理事、東京財団資金委員)、ロータリークラブ役員等、幅広い活動を行なっている。富裕層の会員制プライベート・クラブYUCASEE ( ゆかし)のメンバー。

<PR>ヘッジファンドのことなら「相談したい会社 第1位」のアブラハムプライベートバンクへ。関東財務局長(金商)第532号

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする