トップ >  メイク・マネー >  武井家に数百億円をもたらす武富士Jr.訴訟

武井家に数百億円をもたらす武富士Jr.訴訟

 約1600億円という、個人としては過去最高額となる申告漏れを指摘された、武富士元専務・武井俊樹氏の追徴課税処分の取り消しを求めた訴訟の弁論が、最高裁で21日開かれる。国税庁と武井家との間で続いた『10年戦争』も、東京高裁に差し戻されて武井家の勝利に終わる、というシナリオが浮上している。そして武井家に、「還付加算金」によって数百億円という巨額の資産が生まれると見られている。

『10年戦争』がようやく決着へ

 両者の約10年に及ぶ戦いだが、まずは簡単におさらいしておく。


香港
 武富士の武井保雄元会長夫妻が約1600億円を、香港在住の長男・俊樹氏に生前贈与を行っていたことに対して、東京国税局は1999年、課税を逃れたとして約1330億円を追徴課税した。「香港」にこだわったのは、相続税、贈与税がゼロになるからだ。

 武井氏側は、処分を不服として東京地裁に提訴。一審では武井氏側の主張が認められたが、続く同高裁での二審は、一転して国の主張が認められることに。争点は1年以上にわたって海外で生活したかという「居住実態の有無」。俊樹氏は香港で居住ビザを取得したが、日本に家族がいる点、財産のほとんど、自宅が日本にある点などを第二審では指摘された。

 申告漏れ事案に詳しい税理士は、今回の最高裁の弁論再開について「現在は制度も変わっているので、結局、プロレスと同じです」と冷ややかな目を向ける。

 だが、この訴訟に関しては、勝ち負けや今後の判例というよりも「金」という現実的な意味合いの方が重要ではないかと思われる。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする