トップ >  ニュース >  中流層の台頭、アフリカは次のBRICs?

中流層の台頭、アフリカは次のBRICs?

 「BRICs」や「NEXT11」などの新興国の高成長が話題となる中で、やや取り残された感のあるアフリカ大陸。しかしアンケート調査によると、2011年はアフリカ経済の成長に対する期待が強いようだ。アフリカ経済は、はたして高成長を続ける新興国の仲間入りができるのか?

 「ギャラップインターナショナル国際世論調査」は、世界53カ国の人々を対象に2011年がどのような年になるかを調査した。「2011年は2010年に比べて、よい年になるか、悪い年になるか」という質問に対して、世界全体の42%が「良い年になる」と回答、「10年と同じ」は32%、「悪い年になる」は19%と、全体としては楽観的な見方が悲観的な見方を上回った。

 地域別にみると楽観的な見方が悲観的な見方を上回っている地域は、アフリカ(76%)、中南米(54%)、東アジア(47%)、南アジア(32%)の順となった。

 ちなみに「BRICs」に続くと言われる「NEXT11」には、エジプトとナイジェリアの2カ国が含まれるにすぎない。ただし、2007~08年にケニア、タンザニア、ウガンダの3カ国は高成長を記録。世界景気がどん底にあった09年、アフリカ大陸の成長率は2%近くあった。これは中国とインドを除く、すべての地域を上回る数字だ。IMF(国際通貨基金)は、2010~11年にアフリカは年率4.8%成長すると予想している。

 成長の原動力は原油やダイヤモンドなどの資源輸出だけでなく、内需が急拡大。過去4年間のアフリカのGDP成長率の3分の2は、モノやサービスに対する民間消費の急増によるものだ。中流層の台頭も著しく、アフリカの人口10億人のうち、最大3億人に上るとされる。ガーナ、ボツワナなど経済活力にあふれた国では、前例のない頭脳「流入」も始まっている。

 BRICsの名付け親であるゴールドマンサックスのジム・オニールは最近のレポートで、「南アフリカがBRICs諸国と対等の規模を持つことは考え難い」としたうえで、「ただし、アフリカ大陸全体をみればインドやロシアと同等の規模があるため、南アフリカが大陸の代表としての役割を果たすのであれば、彼らのBRICsへの参加は妥当であるかもしれない。弊社としては、アフリカ大陸全体の潜在規模は、ブラジルやロシアと同等であると考えている」と述べている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする