トップ >  メイク・マネー >  プライベートバンカーの条件

プライベートバンカーの条件

日本の企業カルチャー


プライベンートバンカーの条件
 ある有名な米国の外科医をお招きした時のことだった。芸術品にも近い日本の林檎をみて、「おいしいりんご一切れとチーズは食後のブランデーにピッタリ」と教えてくれた。たまたま我が家の冷蔵庫にはありふれた雪印のプロセスチーズしかなかった。「まあイィカ」と思ってそれ出してみたら案の定「このチーズには全くキャラクターがない」と言下に言われてしまった。
 
 あるプライベートバンカーがこぼした。「日本人のバンカーたちは全くキャラクターがないからナー」芸術にも無知だし、どこを突っついても自分の意見らしきものが一向に出てこないという。教養はさておき、たしかに日本の企業カルチャーには個性を排除する空気がある。あの人は「クセがある」というのはけっして褒め言葉ではない。しかし、今からの社会では「個」がキーワードだ。
 

プロセスチーズ的な人間


プライベンートバンカーの条件
 チーズには熟成した独特の個性というものがある。キャラクターである。だけど熱処理をして乳酸菌や酵素の働きを止めてしまったプロセスチーズはその個性、夫々の「らしさ」を失ってしまう。キャラクターが失われ、クセがなくなってしまう。人間も同じかもしれない。
 
 今までの長いサラリーマン生活や、行政の保護という熱処理にあってクローン化してきてしまったのかもしれない。しかしそんなキャラクターのない人間なら、一度ならともかく、二度会ったってしょうがない、付き合ってもしょうがないということになる。特に、自身キャラクター豊かなオーナー経営者はそう言う。プロセスチーズ的な人は、事務処理はできても、プライベートバンカーとして息の長いお付き合いをすることも、ましてや新規に顧客を獲得することなどは、とても望めない。
 
 キャラクターは、熟成すれば人間力となって、人を惹きつける。それは国境を越え、時には言語すら超えるように思う。というのも、あまり英語が話せない日本人でも外国人達の尊敬を一身に集めるのを目撃したことがある。その人の英語のレベルは[You Good"," Me Bad]程度だった。でも目の動きとかジェスチャーで、もしかしたら、ただ座っているだけで人間力が発揮されたのではないか。

金融機関のキャラクター


プライベンートバンカーの条件
 私は最近、英国の情報サービス会社から頼まれて、世界の金融機関の各部門別、各地域別のランキング審査員になった。あらかじめ委員会が選んだ候補企業の中からトップスリーを選ぶのである。カストディー、リテール、資産運用、マルチチャンネル、CRM、カードなど、各サービス分野での世界各地域における評価付けをこつこつしていて、ふと気付いた。日本企業が、銀行も含め一社も入っていない。
 
 かつては世界に大手を振って進出した日本企業も、サービスの実態をみれば、優等賞は全く貰えていない。「このサービスをやらせれば世界一」というものがない。やはり金融機関自身にも、キャラクターが求められているのではないだろうか。いやそれだけではない。日本自体、いつからとはなしにキャラクターのない、ぼやけた存在になってきてしまってはいないだろうか。今一度、自らの根源を確認し、日本が世界の文明にどういう貢献ができるのか、改めて自らのキャラクターを再認識することが必要であると思う。
 
(「週刊 金融財政事情」に掲載)


榊原節子様
取材協力:榊原節子(アルベロサクロ株式会社代表取締役)
 東京生まれ。米国マウント・ホリヨーク大学を経て、国際基督教大学社会科学科卒業後、国際会議同時通訳者となる。大手証券会社にて主として医薬品・バイオ企業間の企業買収に携わる。1991年、国際税務・国際投資コンサルティング会社、アルベロサクロ株式会社を設立し、代表取締役に就任する。国内外の幅広い人脈を生かし国際的視野に立ったファイナンシャルアドバイザーとして活躍。ヘッジファンド、プライベートバンク、ファミリーオフィス、資産継承、金銭教育をコンサルティングテーマとする。著書に『欧米資産家に学ぶボーダーレス時代の資産運用法』(東洋経済新報社)、『プロが教える海外資産投資-あなたの財産を有利に殖やすノウハウ』(太陽企画出版)、『金銭教育-小遣いから資産家の二世教育まで』(総合法令出版)、『わが子が成功するお金教育-よい小遣い悪い小遣い』(講談社+α新書)、『セレブのルール』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『カモにならない投資術-人生後半からの負けないお金哲学』(太陽企画出版)がある。現在はコンサルティング・資産運用に携わる他、団体の役員(国際基督教大学参与、特定非営利活動法人相続税寄付推奨会議理事、東京財団資金委員)、ロータリークラブ役員等、幅広い活動を行なっている。富裕層の会員制プライベート・クラブYUCASEE ( ゆかし)のメンバー。

<PR>相談して納得、安心の投資助言会社。第1位のアブラハム・プライベートバンク株式会社

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする