トップ >  ニュース >  一進一退の円相場、次の波は円高か円安か?

一進一退の円相場、次の波は円高か円安か?

 80円台前半で小康状態を維持しているドル円相場だが、現状水準では史上最高値更新の可能性が消えたわけではない。米長期金利上昇への反応も鈍く、この間強まっているユーロ安の損失を回避するために、スイスフランと同様に円が安全通貨として買われている側面が強い。次は円高、円安のどちらに動意付くのか? 市場の解釈次第でどちらに動く可能性もあることが、現在の一進一退の要因のようだ。

 円高トレンドは2010年5月から始まり、いったんは11月初めに転換したかと思いきや、その後の円安への修正は鈍い。2010年末は1ドル=81円で越年し、円高懸念がしつこく残っている状態だ。米国経済の悲観論がやや後退し、米長期金利が上昇する中でも円安方向への修正が進まないのはなぜなのか?

 第一生命経済研究所の熊野英生主席エコノミストは、「仮説として、米金利上昇の中に、前向きに評価できないリスク・プレミアムが加味されていることが挙げられる」と指摘する。米国が景気対策を打っても、それが潜在的な財政悪化を招くという不安心理に基づく、いわゆる「悪い金利上昇」が含まれているという見方だ。

 これがドル安要因とされるのは、「FRBが低金利政策を継続していくと、副作用としてFRBが容認できないインフレリスクが発生する。あるいは、現在の中長期金利の上昇が、米景気の抑制要因になるという2つの理由が考えられる」(熊野氏)。早すぎる中長期金利の上昇が、むしろドル買い圧力を弱めているという解釈だ。

 また、欧州ではアイルランドの財政問題が、南欧諸国へ飛び火。ユーロが下落して、安全資産と目されるスイスフランやカナダドル、そして円へと資金が逃避している側面がある。

 「米長期金利の上昇」と「ユーロ安ドル高」は、市場の解釈次第で円相場にとっては「もろ刃の剣」。一方で、円に積極的な買い材料があるわけではなく、当局の介入への警戒感も根強い。まだしばらくは「米景気の動向」と「欧州の財政問題」からは目が離せない。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする