トップ >  ニュース >  これから投資するならトルコにも注目

これから投資するならトルコにも注目

 新興国の成長が著しいが、まだ注目度が低い有望国の一つがトルコ。有力新興国群「VISTA」(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)の一角を占める。慢性的な貿易赤字が課題だが、ギリシャのような公的債務問題とは無縁。リーマンショックの影響を最小限に食い止め、足元の経済見通しも明るい。

 代表的な株価指数「イスタンブールナショナル100指数」は、この1年間では54000ポイントから67500ポイントまで25%近く上昇し、堅調な動きを維持している。新興国の常として流動性に欠け、海外からの資金の流出入によって乱高下するのが難点だが、中長期的には上昇トレンドを維持している。

 リーマンショック発生後は景気が落ち込んだものの、2009年第4四半期にはプラス成長を回復し、10年第1四半期は中国に次ぐ11.7%の成長を記録した。若年人口層が厚いことを背景に、旺盛な内需が景気をけん引している。

 財政の健全化も進展。国営企業の民営化や安定した税収により、基礎的財政収支の黒字目標(対GDP比6.5%)を概ね達成。公的債務残高も減少傾向にある。

 課題として指摘されるのは「慢性的な貿易赤字」と「対外借入への過度の依存」。ただし日本貿易保険によると、「全輸出の6割を占めていた欧州向けが5割を切る一方、中東向けや北アフリカ向けが増加している」とのことで、輸出先の多様化が進んでいるようだ。

 日本からの投資手段としては「損保ジャパン フォルティス・トルコ株式オープン(愛称:メルババ)」など、数種類の投資信託がある。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする