トップ >  YUCASEE コラムニスト >  世界遺産を巡るお薦めコースと旅の情報 >  ヴァチカン美術館のお薦め見学方法

ヴァチカン美術館のお薦め見学方法

MR.世界遺産
MR.世界遺産
世界遺産巡りを趣味とするIT企業の会長です。出張や観光で海外の遺跡を数多く見てきましたが、中世ヨーロッパの石の建造物に魂を揺さぶられるような感動を受けることがあり、今は世界遺産を中心に旅をしています。既に世界遺産936件中、154件を訪問しましたが、うち126件がヨーロッパです。今後も旅を続け、世界遺産の魅力をお伝えできればと思います。

ヴァチカン美術館ですが、以前は入り口で2時間も3時間も待ってやっと入場できましたが、今はネットで30分刻みの予約ができるので、並ばずに希望時間に入場できるようになりました。

以下がヴァチカン美術館の、予約サイトです。
http://mv.vatican.va/
「英語」を選択して、希望の日時を選択すれば予約ができます。

今回は、館内を案内してくれるガイドさんも予約しました。
ガイドは上記サイトにて、チケットと同時に予約することが可能です。

日本語のガイドさんを希望される場合はツアーに参加すると入館予約も含まれていて、朝9時からやはり並ばずに見学が可能です。
http://www.alan1.net/jp/europe/italy/roma/sg/2037/ag/9893/
http://op.arukikata.com/tour/5266/
http://www.myushop.net/myu_contents/italia/rom_vatican.shtml

ヴァチカン美術館は14世紀以来、ローマ法王の宮殿だったので、フィレンツェのウフィッチ美術館と違い内部は迷路みたいに複雑に入り組んでいて、うっかりすると迷子になってしまいます(笑)。

特にシスティーナ礼拝堂に移動する通路と、サンピエトロ寺院に移動する通路が難しいので、ガイドさんがいると助かります。

お陰で、今回はゆっくりと美術館を楽しめたのと、専門ガイドが、有名な作品を解説してくれたので効率よく見ることができました。

さて写真は入口の右横ですが、昔はここが入口でした。
上部の彫刻は左がミケランジェロ、右がラファエロです。

ヴァチカン美術館

入場して美術館の中庭に来ると、何故か巨大な松ぼっくりが……。
そう言えば、松ボックリはローマ帝国の繁栄のシンボルでした。

ヴァチカン美術館

ここは彫刻がずらりと並ぶ通路です。
歴代ローマ法王のコレクションですから、スケールも桁はずれです。

ヴァチカン美術館

酒飲みのおっさんの彫刻。
こういう輩は昔からいたんですね。
そういえば、私の友人にもよく似たおっさんがいます(笑)。

ヴァチカン美術館

全長120mの黄金の廊下。
ここは金色の輝きで目がくらみます。
全部見ると歩く距離は7kmにもなるので、全作品は見れないのですが、彫刻が並ぶ廊下と、この黄金の廊下は必見です。

ヴァチカン美術館

次に来たのは、見たかった「ラファエロの間」。
この絵はラファエロ27歳の作品「アテネの学堂」です。
この絵の中にはダ・ヴィンチ、プラトン、ミケランジェロ、そしてラファエロも描かれています。

ヴァチカン美術館

この絵は同じくラファエロの「ボルグの火事」。
ラファエロは37歳で亡くなりましたが、結構多作でした。

イタリアの殆どの美術館、博物館はカメラ撮影が禁止なのですが、このヴァチカン美術館は撮影がOKなので、有名なラファエロの2作品を記憶だけでなく、画像としても持ち帰ることができました。

ヴァチカン美術館

次にシスティーナ礼拝堂に入りましたが、ここは写真撮影が厳しく制限されていて、ミケランジェロの「最後の審判」の前では、カメラを持っているだけで、警備員がとんできて注意をします。
でも注意されてるのは殆どが中国人観光客でした(笑)。

ガイドさんの案内と解説が適切だったのと、ラファエロとミケランジェロの代表作を、朝早い時間に待たずに見学でき、ヴァチカン美術館の素晴らしさを再発見しました。

なお、ヴァチカン美術館は「ヴァチカン市国」として1984年に世界遺産に指定されました。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする