トップ >  ニュース >  タイガーファンド再始動に向け創業メンバー合流

タイガーファンド再始動に向け創業メンバー合流

 ヘッジファンド業界のパイオニア、タイガーファンドは、創業メンバーのギル・カフレー氏(Gil Caffray)が復帰することになったと発表した。ギル氏は最高投資責任者(CIO)として運用を任される。

 タイガーファンドと言えば、かつてはジョージ・ソロス氏のクオンタムファンドを凌ぐ成績も残した驚異のファンド。だが、2000年に運用成績が悪化し資金償還による規模縮小のために全ファンドを閉鎖した。

 ギル氏はその後はヘッジファンド「フロントポイント」(後のモルガンスタンレーに吸収、分離)を立ち上げ運用を担当していた。モルスタに編入後も活躍し、同部門が分離独立することをきっかけに古巣に戻ることになった。

 創設者であるジュリアン・ロバートソン氏(Julian Rovertson)は「ギルが再びリジョインしてくれることに喜びを隠せません。タイガーマネジメントは次のステージに進みたいと思っている今、彼の経験と手腕に期待しています」と喜んだ。

 ギル氏は「再びジュリアン、そしてタイガーに加わることができうれしおく思います。新しいタイガーファンドの立ち上げに尽力したい」とコメントした。

 同社は復活に際して、ゴールドマンサックスから役員待遇のジョン・タウンゼント氏、自身の三男アレックス・ロバートソン氏(36)を雇い入れて、体制を構築している。
ジュリアン・ロバートソン氏
ジュリアン・ロバートソン氏

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする