トップ >  クオリティライフ >  日本がプライベートジェット先進国になる日(前編)

日本がプライベートジェット先進国になる日(前編)

セレブリティの日常の足、プライベートジェット

 ジョニー・デップさんやブランジェリーナ一家など、有名俳優たちが来日する時にプライベートジェットで成田空港に到着する様子はメディアを通して頻繁に伝えられます。今年の3月にも、映画宣伝のためにトム・クルーズさんとケイティ・ホームズさんが娘のスーリちゃんを連れてプライベートジェットで来日しました。
 一方日本人でも、政府高官が利用したり、有名企業家が自分のライフスタイルの一部として紹介したり、歌手の宇多田ヒカルさんがアメリカを移動中にジェット機を利用する様子をブログにアップしたりと、話題になるのは突き抜けた有名人ばかり。今年2月には中川昭一前財務大臣がG7の出張の際にジェット機をチャーターしたことが報道され、一部国民から非難の声があがるということもありました。

 現在、世界にある全プライベートジェットの総数は、約15000機。この中では中古の機体も非常に多く取引されています。車を乗り替えるように、4~5年ごとにプライベートジェットを買い換える富豪もいるそうです。母数が小さいこともあり、購入した機体の前のオーナーがトム・クルーズさんのような超有名俳優や著名政治家、世界的企業のCEOだったりということもよくある話だと言います。

 日本では大臣が使用しても非難されてしまうように、「一部の富豪たちが持つ贅沢品であり、日本の日常生活には縁がない」と思われているプライベートジェット。しかし、海外ではかなり事情が異なるようです。

プライベートジェット

日本はプライベートジェット後進国?

 日本は経済的には先進国ですが、圧倒的に他国に遅れを取っている分野があります。それは、プライベートジェットの市場規模です。

 まず、海外では「プライベートジェット」という呼び方はあまりしません。遊びで使うことは少なく、圧倒的にビジネスで利用するため「ビジネスジェット」と呼ばれるのが一般的です。日本では国民性やメディアの影響で、プライベートジェットは金持ちの道楽、という見方が根強くあります。しかし海外ではビジネスの道具として富裕層だけでなく一般にも認知されていて、欧米はもちろん香港、北京、上海などアジアの各都市やリゾート地にも広く普及しています。この分野では意識の上でも、そして実際のビジネスとしても、日本は他国に大きな遅れをとっていると言えます。

 では、日本のビジネスジェット業界は今どのような状況で、ジェット機を利用するにはどんな選択肢があるのでしょうか?

プライベートジェット
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする