トップ >  メイク・マネー >  効率のよい投資、自力投資

効率のよい投資、自力投資

効率のよい投資、自力投資


効率のよい投資
 海外のプライベートバンカー達は、よく日本人の投資行動を称して「預金とギャンブルの間になにもない」と言っていた。日本では「合理的に計算されたリスクをとる」という姿勢で調査に基づいた投資をしている個人は少ない。
 
 勉強して適切な投資判断を下すのには知識、時間、胆力まで必要とされる。毎日、本業に忙しい企業家としては、個人の資産運用は他人任せか、預貯金ということになりがちである。「本業に投資したほうがよっぽど儲かる」という自負があるのかもしれない。しかし、資産の大半が自社株というのはリスク管理上からも好ましくなく、是非分散化をお勧めする。

世界最高のブレーンの尻馬に乗ろうか


効率のよい投資
 では、最小の努力で効率よく投資してリターンを得るにはどうしたらよいか。1991年、私がコンサルティング会社を設立したときの答えは、「ヘッジファンドへの投資」だった。従来の株式投資との比較で代替投資とも言われる。よい情報は当然お金のあるところに集まってくる。世界の超お金持ちの人たちが何十億、何百億円の単位で投資していたのが金持ちクラブのファンド、ヘッジファンドであった。世界最高のファンド・マネージャー達は成功報酬があり、規制に煩わされずに思いのまま運用ができるヘッジファンドを開設していた。当時の日本ではほとんど情報が取れなかったが、ジョージ・ソロス、ジュリアン・ロバートソン等の大御所が毎年30%、時には90%ものリターンをあげていた時代であった。
 
 ヘッジファンドの特徴は株式市場、あるいは債券市場の動向とは関係なく儲けようという姿勢である。マーケットにいつも買いから入ったのでは安定した運用成績が出せないのは当然で、その面からもヘッジファンドは合理的な考えであると思った。世界最高のブレーンの尻馬に乗ったほうが儲かりそうだ、昨日まで労組担当だった人が突如運用者になるような日本での運用よりは間違いなく数千倍も良いと確信した。

尻馬に乗るのも楽ではない


効率のよい投資
 ところが、この尻馬に乗るのも実は楽ではない。優秀な彼等も病気、離婚、内輪もめ、専門外の分野に手を出すなどして狂うのである。通貨危機や金利の急上昇でダウンすることもある。中には自らの優秀な頭脳をもっぱら騙すのに使う不届き者さえいる。数多くのヘッジファンドのなかから良い物を選定し、定期的にコンタクトを取り、取引内容をチェックする、この尻馬戦略には金融機関などの良いお目付け役が必要になる。現在、時を経て、ヘッジファンド業界は様変わりした。情報は満ち溢れ、小口売りが盛んになり、儲けは少なくなった。でもやはり良い物はある。
 
 より簡単なのは、ヘッジファンドや先物ファンドを幾つか組み合わせた元本確保型のファンドへの投資であろう。円建てではないが、最悪の場合でも一流の銀行が約13年後に元本、ファンドや通貨によってはその120%、140%等を保証してくれる。しかも未だかなりの年率で回っているものがある。
 
 資産家を相手に商売をするプライベートバンクは実に様々なヘッジファンドや投資信託を用意しており、投資対象は株・債券・通貨・商品様々で対象地域もまた様々である。昨今では、中国、インド、ロシア、トルコなど世界各国のファンドも眼にする。一年で200%儲かるかと思えば、次の年に破綻したりするハイリスクなので、とても万人向きとは言えないが面白い。
 
(「企業家倶楽部」2004年8月号に掲載)


海外の節税オタク
取材協力:榊原節子(アルベロサクロ株式会社代表取締役)
 東京生まれ。米国マウント・ホリヨーク大学を経て、国際基督教大学社会科学科卒業後、国際会議同時通訳者となる。大手証券会社にて主として医薬品・バイオ企業間の企業買収に携わる。1991年、国際税務・国際投資コンサルティング会社、アルベロサクロ株式会社を設立し、代表取締役に就任する。国内外の幅広い人脈を生かし国際的視野に立ったファイナンシャルアドバイザーとして活躍。ヘッジファンド、プライベートバンク、ファミリーオフィス、資産継承、金銭教育をコンサルティングテーマとする。著書に『欧米資産家に学ぶボーダーレス時代の資産運用法』(東洋経済新報社)、『プロが教える海外資産投資-あなたの財産を有利に殖やすノウハウ』(太陽企画出版)、『金銭教育-小遣いから資産家の二世教育まで』(総合法令出版)、『わが子が成功するお金教育-よい小遣い悪い小遣い』(講談社+α新書)、『セレブのルール』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『カモにならない投資術-人生後半からの負けないお金哲学』(太陽企画出版)がある。現在はコンサルティング・資産運用に携わる他、団体の役員(国際基督教大学参与、特定非営利活動法人相続税寄付推奨会議理事、東京財団資金委員)、ロータリークラブ役員等、幅広い活動を行なっている。富裕層の会員制プライベート・クラブYUCASEE ( ゆかし)のメンバー。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする