トップ >  メイク・マネー >  ダメ夫を解雇した世界一の女性ヘッジファンドマネージャー

ダメ夫を解雇した世界一の女性ヘッジファンドマネージャー

数学と哲学で最強の投資

 ドン・ブラウンスタイン氏が率いるヘッジファンド、ストラクチャードサービシングホールディングの戦略は、住宅ローンのアービトラージだ。

 住宅ローン市場と言えば、2008年には、ジョン・ポールソン氏が、住宅ローン市場でサブプライム証券を売りまくり、ヘッジファンド史上に残る巨額の利益をあげたことは記憶に新しい。ただ、この分野は新しく、その上、複雑に組み合わされたモデルで一昔前のファンドマネージャーでは理解が追い付いていないのが現状だ。ジョージ・ソロス氏が、ポールソン氏に教えを請うたという逸話もあるくらい。

 哲学者にして、商業用不動産リースの証券化に関する論文を書いたこともある。趣味が高じて1989年に、ストラクチャードポートフォリオマネジメントを設立した。

 ブルームバーグマーケッツによると、ストラクチャードは1998年以来、平均年利28%で、損失を出したのは2008年のみだが、それでも損失はマイナス6%にとどまった。その年の業界平均はマイナス19%ということを考えると、いかに秀逸かわかる。昨年、ブラウンスタイン氏の投資チームは8700万ドル(約72億円)の運用報酬を稼いでいる計算だという。

 もちろん、運用チームは高度な数学モデルを駆使しているが、その数学に哲学の裏付けを加える独自のスタイルで、ここまでやってきた。

 ブラウンスタイン氏にとって、住宅ローン市場は様々なリスクがあるからこそ、投資しがいがあるのだという。

 戦術に住宅ローン関連のファンドは、10億ドル未満のミドルサイズの上位にも数多くランクインしている。また、規模は問わず、エマージング市場も好成績をあげている。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする