トップ >  メイク・マネー >  社長が45年前に経営破たんを予告していた「林原」

社長が45年前に経営破たんを予告していた「林原」

『強欲一家』は超優良資産の宝庫

 「あの一族は、おとなしそうに見えるけど強欲だよ」とは地元財界関係者はいう。

 先代の故・林原一郎氏が、JR岡山駅前のザ・ハヤシバラ・シティ計画の駐車場、メセナ活動の核となる美術品、果ては岡山城内堀の一部といった超優良資産を、旧・岡山藩主の池田家から買い取った。そのため、地元では、強欲だと言われているのだ。


新宿歌舞伎町の自社ビル(中央)
新宿歌舞伎町の自社ビル(中央)
 さらに、優良資産は東京や京都にまで及ぶ。京都には、JR京都駅前の「京都センチュリーホテル」、さらに東京では、日本を代表する歓楽街の歌舞伎町に自社ビルを所有する。

 先代の一郎氏が築いた莫大な資産を利用して、健氏は研究開発にいそしんだ。80年代後半のバブル期に優良資産を担保にして不動産投資を推し進めていった。

 だが、レバレッジを掛けすぎた経営は、一度、サイクルが逆回転を始めると、急加速で転落していく。バブルは崩壊、それ以降は不正会計に手を染めていく。

「研究開発やメセナ事業を続けていくために、安定収入が必要だった。それが不動産投資だったのです。上場という方法はあったのでしょうけど、『研究は同族企業ではないとできない』と林原さんは非上場にこだわりすぎましたね」

 研究分野はもちろん、不動産、美術品にいたるまで優良資産の宝庫でもある林原。ここ数年は外国企業も狙っていたという話もある。そこには、欧米企業だけでなく、中国企業などの名前もあったといわれている。

 お宝をたくさん持っているが、トップが迷走。いわゆる、つかみ取り状態だったということがうかがえる。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする