トップ >  メイク・マネー >  社長が45年前に経営破たんを予告していた「林原」

社長が45年前に経営破たんを予告していた「林原」

学生社長の予言

 「10年、20年先を考えて研究開発を行っていく」と林原健・前社長は、よくインタビューなどで語っていたそうだ。父一郎氏が51歳で亡くなり、慶応義塾大在学中の19歳で社長就任となった。あまりにも早すぎる代替わり。経営者としての資質を育てる時間が十分では、なかったと言えばそうかもしれない。

 インタビューした記者は「経営者ですが、不思議と『経営』という言葉があまり出てこないというか、どちらかと言うと『研究』という言葉の方がよく出てくる印象ですね」と振り返る。

 昼前に出社して、午後2時ごろには会社を出てしまう。あとは研究に没頭するのだという。林原家は3人兄弟で、長男の健氏は、ゆくゆくは二男に経営を任せたいという希望を持っていたというが、早くに亡くなったため、三男の靖氏が専務として、経営を実質的に担っていたという。

 一郎氏の死、さらには弟の死。家族の予期せぬ死によって、経営の歯車が狂う同族企業は数多く存在する。林原家も結局は、そうだったということなのか。

 健氏は、かつて日経新聞社刊「私の履歴書」で次のように語っている。

 「二十三歳で岡山に帰ってきた。戻る前から私は『会社を潰すなら自分の手で』と決意していた。それだけが私の唯一の武器だった」

 この言葉を23歳の時に社員の前で語ったそうだ。その健氏も今年68歳。子供の頃から霊感が強かったとはいうが、まさか45年前の「予言」が現実のものになるとは思ってもいなかっただろう。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする