トップ >  ニュース >  長期金利の上昇と白川日銀総裁の懸念

長期金利の上昇と白川日銀総裁の懸念

 新発10年物国債の利回りが9日、一時約10か月ぶりの高水準まで上昇した。前日に米長期金利が上昇したことを受けた動きで、米金利の先高観が主な要因。ただし、国債格下げが現実となった今、日本の財政問題と無縁だとは言い切れない。懸念は7日の白川日銀総裁の講演での発言からも垣間見える。

 スタンダード&プアーズ(S&P)は1月27日、日本国債の格付けをAAからAA-に引き下げた。S&Pによると、格下げは「日本の政府債務比率がさらに悪化する」との見方を反映している。

 また、ムーディーズ・インベスターズ・サービスの日本国債担当者は9日、日本国債の格付けについて「安定的な見通しをもってはいるが、格下げにつながるリスクが高まっている」と述べた。格下げのリスクはデフレの長期化と税収の低迷を踏まえたもの。今後のカギは、菅政権が6月までにまとめる「社会保障と税の一体改革」が握っていると言ってよいだろう。

 一方、白川方明日本銀行総裁は7日、日本外国特派員協会での講演で、まず、「なぜ、日本国債の金利は低位安定しているのか」との問いに対し、「日本経済が、当面は低成長と低インフレを続けるという市場の見方を反映している」「国内民間部門の貯蓄によって日本国債の大部分をファイナンスできることが、長期金利の安定に寄与している」との一般論を引用した。

 ただしその後、「しかしながら、過去の歴史が示すように、どの国も永久に財政赤字を続けることはできない。長期金利が安定している根源的な理由は、日本は税制や社会保障制度の改革などを通じて、最終的には中長期的な財政健全化に取り組む意思があると投資家が認識しているからだ」と述べた。

 発言を裏返せば、その意思がないと投資家が認識した瞬間に、長期金利の趨勢的な上昇が始まる可能性がある。総裁の懸念が現実にならないよう、政府は投資家の信頼をつなぎとめなければならない。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする