トップ >  クオリティライフ >  女優も常連!“札束の味”のワインが飲めるホリエモン行きつけの店とは?

女優も常連!“札束の味”のワインが飲めるホリエモン行きつけの店とは?

ホリエモンが小説で描いた店のモデル、常連の店を公開


堀江貴文氏
ホリエモンこと堀江貴文氏
 2月18日に発売される、元ライブドア社長、堀江貴文氏が執筆した小説第2弾『成金』。第1弾で堀江氏の初小説となった『拝金』の続編となる内容で、第2弾の発売とともに、今『拝金』への注目も再び高まっています。

 「YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)」は今回、小説第1弾『拝金』の中で描かれた、「富裕層だからこそできる食体験」に注目。堀江氏にインタビューを行い、小説の店のモデルや、普段通う飲食店について語ってもらいました。



「札束絞りのワイン」のモデルとなった西麻布の店

―小説の中では「札束絞りのワイン」を飲んだ『KEYAKI』など、飲食店のエピソードが多く出てきますが、モデルとなった店の具体的店名を教えてください。
「『KEYAKI』のモデルは西麻布の『●●●●●●●』というワインバーで、ちょっと誇張して書いています。クルちゃんという人が出てきますが、本当はクルちゃんとイクちゃんっていうんですけど、イクとクルを逆にしただけっていう。イクちゃんのことはすごい誇張して書いてます。わりとエキセントリックなソムリエの人がいるんです。」

(今回の記事中に出てくる具体的店名は、ゆかしメディアのメールマガジンにご登録いただいた方のみに公開します。堀江氏が通う名店で、あなたも小説の主人公気分に浸ってみては? メルマガ登録はこちら

―女優さんもいらっしゃるんですか?
「女優やいろんな人たちが来ると思いますよ。わりとヴィンテージもののワインが普通に飲める店です。シャトー・ディケムの100年前のものとかも在庫としてあると思いますよ。50~60年前のシャトー・ラトゥールとか、そういうのが普通に置いてある店なんで。」

―甘いのに爽やかみたいな、ワインの味の表現が斬新ですね。
「シャトー・ディケムを自分が初めて飲んだ時の感動みたいのがあって、それを表したみたいな。甘いくせになんか爽やかみたいな。普通白ワインて経年劣化していくというか、赤ワインみたいに長期保存ができないんですけど、こういう糖分が多いお酒は長持ちするんですよね。で、そのシャトー・ディケムも貴腐ワインっていう、腐ったブドウでつくったお酒なので。腐らせる菌がブドウからどんどん水分をとっていくんで、その結果糖度が高まるんですよね。それですごく甘くなるんです。」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする