トップ >  メイク・マネー >  日本株はもう持てない! 幻冬舎のMBO成立

日本株はもう持てない! 幻冬舎のMBO成立

 経営陣による株式買収(MBO)が相次いでいるが、先日は出版社の「幻冬舎」が臨時株主総会で、MBOが成立し株式非公開化されることが決議された。今後もCCC、アートコーポレーションなど大型MBOを控えるにあたり、個人投資家は臍(ほぞ)を噛むばかりの一方で、上場企業にとっては得なことばかり、との声もある。


予想もしない手

 「制度信用取引で資金と正体を出すことなく、株式を取得できるこんな方法を使うとは思ってもみなかった」


幻冬舎
幻冬舎
 そう話すのは幻冬舎の久保田貴幸・常務執行役員だ。今回のMBOに横やりを入れてきたケイマン籍の投資ファンド、イザベル・リミテッドが取った手法は予想もしない、やり方だったからだ。

 使われたのは立花証券の口座。「制度信用取引」という証券取引所の基準を満たした株のみ有効で、しかも一般信用よりも金利が低いという投資家サイドにメリットの大きい取引方法が使われた。しかし、名義は立花証券のままで議決権ベース3分の1超の保有比率となった。

 臨時株主総会では、立花証券は欠席、イザベルの日本の連絡先を置く東京桜橋法律事務所の代理人が出席し決議に反対した。総会までにはイザベル側は代理人が接触し、株式の買い取りも要求してきたのだという。

 とにかく、一度も顔を出さなかったイザベル。実質的には幻冬舎株買い占めのためだけに作られたようなファンドだが、YUCASEE MEDIAは代表者のヴィジャヤバラン・ムルゲス氏に質問を送付したが、期限までには回答はなかった。

 顔の見えない敵対勢力との戦いを終えた、幻冬舎の見城徹社長が「たいへんうれしい」と語ったのも納得できる。

 このMBOは、投資家、企業の双方にとって、多くの教訓を残してもいる。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする