トップ >  ニュース >  グリーンスパン氏とポールソン氏の絶妙すぎる対談

グリーンスパン氏とポールソン氏の絶妙すぎる対談

 アラン・グリーンスパン前FRB議長と、ヘッジファンド界の帝王ジョン・ポールソン氏が、米NY大学のビジネススクールでこのたび対談した。住宅ローンを振興し住宅バブルを作り出した張本人と言われるグリーンスパン氏と、そのバブル崩壊で巨万の富を得たポールソン氏という、これ以上ない興味深い組み合わせの実現。一体、どんな会話になったのか。

 グリーンスパン氏、ポールソン氏は年代は違うものの実はともにNY大学の金融学部で学んだ先輩と後輩という間柄。金融界に多彩な人材を輩出した実績を持つ同大学だけに、こんな不思議な対談も実現できた。

 米紙ニューヨークタイムズによると、その対談は18日に、同大学で行われた。全体的には、後輩ポールソン氏が、大先輩にインタビューするという形式で進行。終始ペースを握っていたようだが、あらかたの内容は次のようなものだった。

 ◆グリーンスパン氏がパームスプリングで休暇を取りマリオットホテルに宿泊したことを明かした。

 すると、ポールソン氏は「私たちはパームスプリングで、破綻したホテル8戸買いましたよ、その一つがパームスプリングのLa Quintaです。あなたもパームスプリングに行った際には、La Quintaにぜひお越しください。少しだけサービスさせていただきますよ」とジョークでこたえた。破綻の原因の一つは、まるでグリーンスパン氏の政策のおかげだと言わんばかり。

 ◆グリーンスパン氏は歴代大統領の知性をほめたたえていったが、なぜかジョージ・ブッシュ氏が抜けていた。後輩はそこを見逃さなかった。

 「ジョージ・ブッシュ氏は?」と突っ込んだのだ。

 グリーンスパン氏は過去に、著書の中でブッシュ氏のことを、長期政策展望のなさ、政策決定権をホワイトハウスに握られてしまったことなどを批判していたことがある。後輩に嫌なところを突かれた格好だが、先輩らしく「彼は素晴らしい人物」と、うろたえることなく答えたそうだ。
ジョン・ポールソン
ジョン・ポールソン氏(著書
「史上最大のボロ儲け」より)

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする