トップ >  ニュース >  ヘッジファンドはなぜアップル株を好むか?

ヘッジファンドはなぜアップル株を好むか?

 アップル株がヘッジファンドに好まれていることは当欄でも何度か紹介してきたが、このたび米証券大手ゴールドマン・サックスが、ヘッジファンドがどの銘柄を最も所有しているかというレポートを公表し、アップルが195社で1位になったことがわかった。なぜ、これほど人気が高いのか?

 米証券取引委員会(SEC)に提出した書類を基に作成されたもので、レポートによると、アップル195社、シティ190社、JPモルガンチェース164社、マイクロソフト161社、グーグル156社。

 タイガー・グローバルのチェース・コールマン氏、グリーンライトキャピタルのデビッド・アインホーン氏ら若手のヘッジファンドマネージャーは特に好んでいる。

 アップルに関する情報は人気があり、昨年12月にはFBIにアップルの決算情報とタブレット端末機iPadの開発情報をバラした4人がインサイダー容疑で逮捕されてもいる。

 では、なぜこれだけ人気があるのか。

 一つは同社の配当政策にあるのではないかと思われる。アップルは多額の利益を計上しながらも無配。今後も配当政策を行う気配や、自社株買いなどを行う気配はまったくない。おかげで手元には、流動資産と元気を含めると、4兆円以上の純キャッシュが眠っている。ちょうど東芝、日立製作所の2社を買収できるくらい。

 ヘッジファンドも配当は出さないという点では似ている。M&A、あるいは再投資という材料が出ればさらに株価上昇も見込まれる。また、足元のスマートフォン、タブレット市場は強いためにホールドしていれば株価は上がる。

 ただ、CEOのスティーブ・ジョブズ氏の病気療養が最大の気がかりとなる。もちろん、同社は集団指導体制の下で動いているとは言えど、カリスマ性という点において代わりがいない。

 2007年11月に株価が1日で5%以上下げた際には、ジョブズ氏にガン再発の噂が出たことが原因だが、ジョブズ氏は噂の出所を「アップル株を大量にショートしているヘッジファンドだ」と発言したこともある。

 ジョブズ氏は「余命6週間」という報道もあるほど。ヘッジファンドの狙いは、今は株価の上昇益を取り、さらに、どこかのタイミングで大量にショートする機会をうかがっているのだろうか。それは、ジョブズ氏の病気の具合も当然ながら関係してきそうだ。※レポート画像はゼロ・ヘッジより

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする