トップ >  クオリティライフ >  韓国からノーベル化学賞が出るのはいつか?

韓国からノーベル化学賞が出るのはいつか?


韓国
「スカウト制度」を報じた聯合ニュース
 学術研究の賞と言えば、ノーベル賞が世界最高峰だとされる。このたび韓国がノーベル賞受賞者は無条件で帰化を認め、獲得可能性のある優秀な人材についても国籍を取得できる「特別帰化制度」を発表した。経済やスポーツで活躍目覚ましい韓国だが、なぜ自然科学分野で受賞できないのだろうか(平和賞は受賞)。

スカウトを始めた韓国

 昨年、日本はクロスカップリング理論の研究で、鈴木章氏(北海道大名誉教授)と、根岸英一氏(パデュー大特別教授)が化学賞を受賞した。日本からは化学賞としてはこれで6、7人目。ノーベル賞全体では17、18人目となった。

 一方で韓国に目を移せば、ノーベル賞は平和賞のみで自然科学分野での受賞はない。日本から受賞者が出るたびに、「なぜ日本からばかり」「なぜ韓国から出ない」という報道が出る。だが、特別帰化を認めるための基準がこのたび発表されたのだ。これはひとことで言うと『スカウト』だ。

 ある種の危機感とも取れなくもないが、国の発展に受賞が追い付いていないようだが、それはなぜか。鈴木章氏が2月に、外国特派員協会で行った講演の発言に答えがある。

 「中国や韓国の経済発展は目覚ましいが、今までの経験と蓄積がまだないからです。能力的に決して劣っているというわけではありません。日本は戦後の何もない所から、国を発展させるために教育に力を入れてやってきたことが結果として現れているのです」

 韓国の「スカウト制度」で結果が出るのだろうか。ただし、もうひとつの大きな壁が存在する。それは、いくら優れた研究をしても、受賞までには長い年月が掛るということだ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする