トップ >  クオリティライフ >  中国投資の狙い目は教育市場?

中国投資の狙い目は教育市場?

中国教育市場は8兆円産業


中国
 中国の教育市場が今、熱い。上海にあるデロイト・コンサルティングの報告によると、2009年中国教育市場は加速的に拡大し、総額は6800億元(約8兆4700億円)に達した。これはこの年の中国GDP(国内総生産)の50分の1に相当する。ある関係者によると中国国内では既に314の教育企業が、国内外のベンチャーキャピタルから出資の申し出を受けているという。

 だが、こうした投資の波が中国の教育業界にとって“吉”と出るか“凶”と出るのか、教育専門家は疑問視している。

 中国の教育市場で大きな割合を占めるのが早期教育。その中でも人気を集めているのが、全世界30カ国以上、600を超える数の教室を展開するアメリカ生まれのジンボリーだ。ジンボリー首席執行長の夏氏は「中国は1時間当たり2000人以上の新生児が生まれていて、都市部だけの0歳から3歳児だけを見ても1000万人を越えている」とした上で、「ますます競争が激しくなる社会で、親たちは子供にレールから外れてほしくないとみな思っている。われわれの需要はますます増していくだろう」と話す。

 夏氏によると、中国都市部で、子供一人当たりの年間教育費は早期教育で3000元(約3万7000円)、6歳以下の子供の教育市場は300億元(約3700億円)に達しているが、現在は潜在市場の16%しか開発していないという。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする