トップ >  メイク・マネー >  AKB48メンバー年収ランキング

AKB48メンバー年収ランキング

個人情報保護の観点から高額納税者の発表がなくなって久しい。所得税の納付期間中の現在、他人の年収が気になるところではある。では、最も人気者にして働き者であるアイドルグループ「AKB48」の年収はいくらなのか。芸能界の内部から漏れてきた情報を基にして、メンバーの年収ランキングを独自に作成してみた。

1位は前田さんと篠田さん

 今、芸能界で最も働いていると言われるのが「AKB48」。しかし、メンバー個人の懐に入る金額はブラックボックスであり、これまでどのメディアも取り上げてこなかったが、「YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)」が取材を基に、推定年収を独自に算出した。

 ◆AKB48推定年収ランキング(敬称略)
1位 前田敦子(19)  2000万円 太田プロダクション
1位 篠田麻里子(24) 2000万円 サムデイ
3位 大島優子(21)  1800万円 太田プロダクション
4位 小嶋陽菜(22)  1600万円 プロダクション尾木
4位 板野友美(19)  1600万円 ホリプロ
※取材を基に、ゆかしメディアが独自作成(本人には確認していません)


AKB48
AKB48の前田敦子さん、大島優子さん、篠田麻里子さん
(写真左から)
 読者の皆さんの予想と比べて、どうだろうか。トップ5は、やはり全員がメディア選抜で、毎日のように皆さんの目に触れている面々たちだ。

 「薄給」ということも言われてきたが、複数の業界関係者たちの意見を総合すると、大体、このあたりの推定金額に落ち着きそうだ。

 1位はやはり、前田敦子さんで2000万円。「まだ若いので、いっても1500万円~2000万円くらい」(中堅プロ幹部)という声が聞かれた。また、AKBの顔でもあることから、グループ一の高給取りの座は確実だと思われる。と同時に、歳年長24歳の篠田麻里子さんも、TVバラエティ、連ドラのレギュラーも持っていることや、年長ということで、前田さんにそん色はない額ではないか、とのことで同率1位とした。

 次ページでもう少し、事情を詳しく見ていくことにする。

日本では入手困難なファンドへの投資機会 金融資産3千万円以上の方へ限定公開

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)


日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!|アブラハム・ウェルスメディア株式会社

INFORMATION

大塚家具だけではない家具業界御三家の危うい相続

おすすめ:大塚家具だけではない家具業界御三家の危うい相続 家具販売大手の大塚家具の経営権をめぐって父娘が激しく争ったが、それと同時に一族の激しい・・・

愛人の慰謝料にも光る国税庁の目

おすすめ:愛人の慰謝料にも光る国税庁の目 「一人暮らしの女性が狙われていることがあるようです」  そう語るのは、全国紙社会・・・

秀ママ引退で「銀座タックスヘイブン」時代の終焉

おすすめ:銀座のレジェンド「秀ママ」脱税で引退 「銀座タックスヘイブン」時代の終焉 日本最大級の繁華街で高級クラブがひしめく東京・銀座。名物ママとして知られた、秀ママこと・・・

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする


YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)とは