トップ >  メイク・マネー >  10倍騰がる低位株を発見する5つのコツ

10倍騰がる低位株を発見する5つのコツ

10倍どころか20倍も

 「あしぎんFG」21.0倍
「オリエント時計」17.2倍
「日本エコカ」11.2倍
「アドバンスクリエイト」10.6倍

 上に例を挙げた株はどれもテンバガーにあたるが、この4銘柄は鮎川健氏が過去に達成したテンバガー銘柄だ。中には10倍どころか、あしぎんFGは21倍にもなっている。しかも、あしぎんは8日間という短期間でテンバガーを達成している。

 「テンバガーになったのは、たまたまで、元から10倍を狙って買っていたわけではありません。2倍、3倍くらいになった株も実際にはたくさんあります。その中でも、先に挙げた4つが10倍以上になったということです」

 そもそも、テンバガーとは米ウォール街の業界用語で、10倍株のこと。野球で満塁ホームランのことをフォーバガーという別名があるが、それにちなんでテンバガーという言い方が生まれたとされる。一生のうちに数個、テンバガー銘柄を見つければミリオネアになる、と理論上は言われている。鮎川氏もこれだけで、1億円近くまで資産を殖やしている。

 では、鮎川氏はどのような株をターゲットにしているのだろうか。

アドバンスクリエイト
アドバンスクリエイトのチャート(出典:ヤフーファイナンス)

金融危機でも +50% 実績だったヘッジファンドを入手するには?>>


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)


世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

INFORMATION

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする