トップ >  YUCASEE コラムニスト >  洛中洛外はんなり歳時記 >  哲学の小径にて

哲学の小径にて

ゆみ
ゆみ
京都生まれ京都育ちですが、両親は愛媛の出身ですので、生粋京都人ではありません。子供の頃から、浮世離れした変わり者でしたが、子供達が成長し、空の巣症候群を克服するために会社経営に参加するようになりました。その時になり、初めてキャッシュカードの使い方を知ったくらいですが(^_^;)、今では、会計ソフトの入力作業が楽しいほどになりました。

銀閣寺から若王子のあたりまでに至る約1.5キロほどの疎水辺りの径は「哲学の小径」と呼ばれています。

哲学の小径1

西田幾多郎(明治3年~昭和20年)を代表とする京都学派の近代哲学者たちが、思索を重ねながら、好んでこの径を散策していたことから、いつしかこのように呼ばれるようになったと聞いています。

春には桜のトンネル、初夏にはゲンジボタルの輝きに、観光客が大勢みえ、小さな径は通勤ラッシュのような状態となってしまいます。

けれども、今の時期はまだ観光シーズン前ですし、寒の戻りのきびしい寒い夕刻に、ふらりと出かけてみましたら、ほとんどすれ違う人はありませんでした。

哲学の小径2

幼稚園にあがるまでの数年間を、私はこの近くで過ごしました。

学生結婚でした両親は、大学へ通うのに便利なこの辺りの、小さなアパートに住み、そこで私が産まれました。

新婚のパパとママ

おトイレも台所も共有の、ささやかなアパートでしたそうです。

私の記憶には残っていませんが、ただ、アルバムの中のセピア色の写真から、昭和30年代の家族の様子がうかがえます。

赤ちゃんの私

父が大学助手の職を得、弟が産まれ、引っ越した一軒家の借家もやはり哲学の小径脇でした。

お風呂が無く、近くの銭湯へ通っていましたが、小径の砂利の上に長く伸びた自分たちの影を、面白く眺めながら、「夕~や~け小~や~けで~日が暮れて~」などと、小学唱歌を歌いながら歩いていたのが、私の原風景のひとつのように思えます。

哲学の小径、影

ちょうど映画「三丁目の夕陽」の時代ですね。

一服した喫茶店も、その時代の民家をそのまま使っているかのようです。

哲学の喫茶店

今は、世の中の流れも、個人の時間の流れも、とても早く感じられ、あっという間に一日、一週間、一年が過ぎてしまいます。

久々に、ゆっくりと哲学の小径を端から端まで歩き、あの頃の自分や、あの頃の両親、あの頃の空気に会いに行ったような、穏やかでちょっと切ない気持ちになりました。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする