トップ >  ニュース >  大阪市でも帰宅難民は90万人想定

大阪市でも帰宅難民は90万人想定

 11日午後、三陸沖で発生した巨大地震は首都圏の足に大きな影響を与え、多くの帰宅難民を生んだ。このほど大阪市が震度6レベルで試算した帰宅難民は90万人(大阪府では120万人)。1200万人とも言われる都心部の通勤者に、帰宅難民が大きな問題として立ちはだかる。

 今年1月に大阪市などが開催した「大阪駅周辺における大規模災害時帰宅困難者対策検討会」では、帰宅難民は90万人とされた。このモデルは午後3時に地震が発生するという想定で、今回の地震発生時刻が近いということもあり、教訓となりうる。

 11日の三陸沖地震では発生後の3時前後から徐々に帰宅しはじめたが、すでに公共交通機関はほぼストップし、バスに乗車してもまったく動かず、下車して歩く人が多数。しかし、歩くことも限界があり帰宅難民が多数出た。各区役所、各公民館がスペースを提供したり、企業では原宿のセコム本社がトイレの貸出を行うなどしていたが、対応には限りがあった。

 特に、大阪市中心部の7駅(JR大阪駅、JR北新地駅、阪急梅田駅、阪神梅田駅、地下鉄梅田駅、東梅田駅、西梅田駅)で見れば、徒歩帰宅が不可能な人約20万人(うち鉄道利用者約17万人)で、徒歩帰宅が可能な人約22万人(同22万人)と推計された。

 徒歩10分圏内にこれだけでの人数が滞留することになり、行政だけの対応の限界を示唆する。

 大阪市は「行政機関は、被災市民への救済策を行う中で、帰宅困難者への対応は難しく民間企業を主とした対応体制の構築が必要」としており対応の限界を結論づけている。

 そこで、民間事業者に対しては、次のような項目を啓発している。
・従業員をいっせいに帰宅させるのは控える
・正確な情報の入手方法を周知しておく
・事務所内の安全対策に努める

 その上で、企業、焦点などもトイレ、一時避難場所の提供など協力が場合によっては求められるだろう。
JR渋谷駅
JR渋谷駅のバス乗り場の行列


JR渋谷駅前にあふれる人の列

JR
JR渋谷駅前の陸橋にまで伸びる列

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする