トップ >  ニュース >  世界最高層ホテルに見る香港のトレンド

世界最高層ホテルに見る香港のトレンド

 かつての香港は、ふたつの顔を持っていた。これは抽象的な意味ではなく、地政学的なローカリティといってもいい。

 つまり、九龍半島と香港島。大陸と陸続きの九龍地区には、庶民の暮らしが息づき、垢抜けなさと中国ならではのバイタリティが共存するエリアだった。対して香港島はより洗練された国際都市の趣。英国統治下の頃は海外企業も多く、エスタブリッシュな雰囲気が漂っていた。フェリーが行き交う海を隔て、香港が持つ中国と英国の2つの顔を表していたといえるだろう。

 返還後、その図式は大きく変わった。SARSや鳥インフルエンザによる観光客数の激減、上海の台頭による金融中心地のプライオリティ低下に伴い、地価の高い香港島が敬遠され、九龍が注目を集めるようになっている。さらに発展の著しい中国本土との結びつきが強くなったことから、九龍駅のあるエリアが著しい発展を遂げつつある。

 その象徴ともいえるのが、ザ・リッツ・カールトン香港だろう。かつて香港島のビジネス中心地、中環(セントラル)にあったこのラグジュアリーホテルは、2008年営業停止したが、この3月末に西九龍地区で再オープン。場所は超高層ビルのインターナショナル・コマース・センターの102~118階部分を占め、「世界でも最も高い場所にあるホテル」が代名詞となっている。

 このホテルはエアポートエクスプレスの発着も兼ねる九龍駅の真上に位置しており、香港国際空港へのアクセスも抜群。多くの企業が入るソーシャルセンターであり、かつ低層階には大規模な高級ショッピングモール「Elements(エレメンツ)」もテナントに。

 日本の「ワンダーウォール」を始め、アジアでもトップクラスのインテリアデザイナーが手がけた内装の数々、天井に28m×7mのLEDスクリーンがしつらえた118階のプールも見逃せないが、いちばんの話題は屋上のオープンエア・ルーフトップバーだろう。海抜490mからの鳥瞰は、香港の新しい観光スポットとなるに違いない。

 九龍という名の由来のひとつに、“永遠に続く幸運”の意味があるという。香港の熱気が中国の上昇気流と連動し、新しいダイナミズムを刻みつつある。変わり続けるこの街の新しい一面が、ラグジュアリーな高層ホテルからも垣間見れるだろう。

ザ・リッツカールトン香港
www.ritzcarlton.com





◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする