トップ >  メイク・マネー >  「筆談ホステス」早乙女由香さんがアプリ開発

「筆談ホステス」早乙女由香さんがアプリ開発

 銀座の高級クラブで働く、「筆談ホステス」こと、早乙女由香さん(24)が、iPhoneアプリの開発に協力することが31日わかった。内容は、重度の聴覚障害者でもある由香さんが使う会話手段の一つ「指文字」。「指文字が広がることで、耳が聞こえる人と聞こえない人との距離が少しでも縮まってくれたら」と由香さん。障害を持つ身だが、社会に貢献できることに喜びを感じている。

◆参考:早乙女由香さんの半生◆

指文字を拡げたい


早乙女由香さん
早乙女由香さん
 由香さんは、ほぼすべての音を聞くことができない。これは数万人に1人という珍しい重度の先天性の障害を持つ。人との会話では「筆談」「指文字」の2つを使う。それでも、1歳の男児を育てる母親、日本女子大の通信課程で学ぶ大学生、銀座の高級クラブで働くホステスと一人三役をこなすという、社会生活を送っている。

 銀座で働き始めてもう1年以上が経ち、すっかり銀座のホステスの顔となり、常連のお客さんも付いている。メディア出演も多くなり、アイフォーン用の指文字アプリ開発の話が、由香さんのところに舞い込んできたのだ。

 「手話の認識はすごくあるのに、指文字はまったく知られていないので、とてもうれしく思いました。わたし自身が、手話よりも指文字を主に使っているのですが、手話は分厚い辞書1冊でも足りないくらいの言葉がありますが、指文字は50個覚えれば好きなように会話できるのです」

 名詞、動詞など単語単位で表現するのが「手話」。それに比べて、「指文字」は文字単位での形のため、覚える形も少ない上に、細かな日本語表現も可能となる。だが、健常者の間でも手話の方が知名度は高く、指文字はあまり知られていないという現実がある。

 これがもっと広まれば、健常者と障害者の距離も近くなる。由香さんはそう考えた。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする