トップ >  ニュース >  中国不動産市場の新しい売り文句は“免震・防放射線”

中国不動産市場の新しい売り文句は“免震・防放射線”

 東日本大震災の後、中国・北京の不動産業者は“地震の揺れに強い”ことや“放射線を防ぐ”などといったことを新しいセールスポイントにしているという。例えばある不動産情報サイトには、「北京では珍しい建築様式のマンション-東京の典型的な免震建築を採用」といった売り文句が見られ、中古物件のサイトでも、「免震」「防放射線」といった言葉が踊っている。

 北京市・石景山区にある3LDKマンションでは物件概要の中で、「震度8」の揺れにも耐えられると紹介されているほか、北京市・紫竹橋付近のマンションは「壁の厚さが50センチあり、震度10の揺れが来ても倒れない」と記載されているという。

 また揺れだけでなく、放射線を防ぐ建物もセールスポイントになっている。特に高級住宅などでは、住宅を買えばもれなく「地下室」が送られる特典がつく物件も出てきた。「“万が一”の時には、家主は地下室に非難すれば良い」というわけだ。

 こうした広告の背景には、北京市がおかれている不動産市場の低迷がある。中国では昨年、政府が数々の不動産政策を実施した影響で、不動産価格が値下がり傾向にあるのだ。これに対して企業は、何とか庶民の消費を促そうと様々な策を講じてきた。「マンション購入」で「修繕無料」や「新車をプレゼント」などの消費者の購買意欲を煽る特典は尽きることがない。だが、消費者が何より望んでいるのはやはり“住環境のよさ”だ。

 今回、日本で起きた大震災は中国の人々にも大きな衝撃を与えている。北京では大きな地震が起こるのは数百年に1度とされているが、新しい不動産のセールスポイントの登場は、市民の“不安”の表れといえるだろう。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする