トップ >  クオリティライフ >  20キロ圏内から大脱走を始めた「原発村」のペット

20キロ圏内から大脱走を始めた「原発村」のペット

受難の山越え


福島県双葉町
飼い主を失ったペット(福島県双葉町)
 現地には、いくつかの動物ボランティア団体が入り、動物の身柄を確保したり、飼い主の依頼を受けて食糧を与えるなどしているが、まだまだ手が行き渡らずに不十分なのだという。20キロ圏内の険しい状況を、現地で被災動物の世話をするボランティア、社団法人「SORA」の山中隼人さんが説明する。

 「人を警戒して寄ってこない動物や、また集団行動して野生化してしまうとボスを中心に人間を警戒するようになります。それでもエサを食べている動物はいいのですが、衰弱している動物も多いです」

 また、震災後には「せめて自由が利くように」との好意からクサリを外された犬や猫たちも多い。主人や食べ物を探してさまよったり、あるいは中には山越えをするモノも出てきているのが現状だ。

 山中さんは「我々もすべてのペットにケアが行きとどかないのが現状です。(20キロ圏内は)車が通行できる状況ですので、中には、山を越えて遠くまで行く犬がいても不思議ではありません」と話した。

 筆者が最後に出会った犬は雑種の兄弟らしく、人の顔を見ると近寄ってきた。おそらく食べ物をくれると直感的に感じたのだろう。食べ物と水を与えると一気に胃の中に入れた。よほど空腹であったと見える。食べ終わると、どこを目指すのか道なりに市街地の方へ歩いていった。しかし、2匹ともびっこを引いており、疲労が顕著で長い距離を歩いてきたことをうかがわせる。

 大脱走というより、まさしく受難とも言うべき現象。まだまだ人による助けの手が足りないという現状を物語ってもいるようだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする