トップ >  メイク・マネー >  究極の節税法「パーマネントトラベラー」

究極の節税法「パーマネントトラベラー」

日本の非居住者になって節税

 PTとは元々、高額の税金に苦しんでいた欧米の富裕層が実施していた。大まかに言えば、滞在日数がその国の税法上「居住者」になる前に転々と別の国に引っ越す。つまり、どこの国にも定住せず、一生、旅行者という身分であり続けるというライフスタイルのことだ。

 PTの概念は、1964年にハリー・D・シュルツ氏が発表。その内容はセカンドパスポートを持ち、資産を自国外の安全な場所に置くことというものだった。さらに1989年にW.G.ヒル氏がPTを実践し「PT」という著書にまとめ、ここでほぼ現在の理論が固まったと言われている。

 「どこの国でも、消費税、固定資産税、ホテル税、印紙税などの間接税がありますから、いくらタックス・ヘイブン国に居住してもこれらの税金は払わざるをえません。税金をまったく払わないということは難しいと思いますが、日本に居住するよりは納税額をかなり少なくすることは十分可能でしょう。国籍が日本国の場合は、日本の非居住者になれば所得税の部分でかなりの節税が可能です。さらに居住国をタックス・ヘイブン国にすればさらにかなりの節税は可能です」と木村氏。

 もちろん、すべての税金から逃れることは無理だが、大きな節税効果はある。日本で居住する限りは国内外すべての収入に対して税金がかかる。では、PTとして、日本の非居住者になれば?
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする