トップ >  ニュース >  ソニー、東京電力に共通すること

ソニー、東京電力に共通すること

 ソニーと東京電力。前代未聞の不祥事の渦中にあり、世界で最も注目を集めている2社だが、いくつかの共通項がある。「脆弱性」を放置していたことが事態を重くし、また社長が出て来ずに、しかも情報公開が遅く不十分だったことが信頼低下を招いたことだ。

 ソニーのゲーム機器プレイステーションのネットワークワービス(PSN)で個人情報漏えいした可能性が高い問題で、現在までに述べ1億件以上の個人情報にまでその範囲は及んでいる。

 原因はハッカーによる不正な侵入を許したこと。問題はサイバー攻撃は以前からも行われてきたことで、「脆弱性に対処していなかった」とソニーは記者会見で落ち度を認めざるをえなかった。常に破られる可能性を有しているかぎりにおいて、早急に対処する必要があった。

 また、東京電力の福島第一原子力発電所は、2002年に米GEの技術者に内部告発で、データ改ざんが明らかとなり社長、会長をはじめ引責辞任することとなった。もちろん、それまでにも、構造や津波への対処について多くの指摘はされており、脆弱性を認知していないわけではなかっただろう。

 ソニーは大規模なネットワークサービスを柱として事業戦略の展開を描き、東電はベトナムなどにプラント輸出が目前に迫っていた。今後の先行きに暗雲が立ち込めるような、大不祥事に足元をすくわれてしまった。

 もうひとつは「社長不在」ということ。ソニーはハワード・ストリンガー最高経営責任者は出てきていない。5月1日の会見に出席した平井一夫氏は、PSN事業のソニー・コンピュータテイメントのトップだが、ソニーでは副社長だ。

 東電は清水正孝社長が、3月11日に東日本大震災が発生したが2日後の13日夜に会見。しかし、その後は入院していたことをなかなか公表せずに表に出てこなかった。途中、勝俣恒久会長がワンポイントで出てくるなど迷走している様子がうかがえた。

 さらに、情報の公開が発生から日が経っていることは言うまでもない。

 ただ、両社の会見では注目度は東電の方が高いという意味でソニーは助かっている印象は受ける。5月1日という連休の日曜日を選んだこともあり、会場で記者用に準備されたイスは全部埋まらず。また、各社とも社会部の主力記者は震災や東電に投入しており、ソニーの会見では手薄な印象。また外国人記者は数えるほどだった。

 どちらも長期戦になることは必死で、社内体制の抜本的な見直しと洗い直しが必要になるだろう。
ソニー

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする