トップ >  メイク・マネー >  究極の節税法「パーマネントトラベラー」(2)

究極の節税法「パーマネントトラベラー」(2)

日数調整だけではダメ

 前回のPT特集で取り上げた「非居住者」の定義を、もう一度おさらいしておく。それは、国内に住所や扶養家族を持たず、滞在日数は1年未満だということだった。確かに、武井俊樹氏は日数の面はクリアーしていた。ただ、それだけではダメだった。一審判決で「贈与税回避を目的としていたか否かが(中略)生活の本拠であったか否かに決定的な影響を与えるとは解しがたい」として主張を認められた。だが、二審では「贈与税回避を可能とするために香港に出国するものであることを認識し(中略)滞在日数を調整していたと認めるのが相当である」と一転している。

 日本のPT研究の第一人者・木村昭二氏は「一番の問題点は、非居住者という身でありながら日本の東証一部の企業の役員(元専務取締役)であったことだと思われます。香港では投資会社の社長ということであったとされますが、日本の大手企業の実質的に業務を執行する役員で、日本で開催された役員会にも出席していたとなれば、仕事は主として日本でやっているでしょう。ならば日本居住者とみなされます」と説明した。

 あくまでも武富士の専務であり、跡取りという立場。同社の所在地は日本国内であるために国内に生活基盤があると見られてしまったのは仕方のないことかもしれない。

 そして「香港滞在はあくまで一時的と判断されても無理はありません。もし、香港滞在で日本の企業の役員を退任していればまだ非居住者としてみなされた可能性があったかもしれません。また、東京にいつでも戻れるような家があったことも非居住者とはみなされないということでしょう。法令では住所は客観的事実によって判定するとしているので、形式的に香港に住んで仕事をしているとしても非居住者としては認められないということです」と、木村氏は付け加えた。

 この場は司法判断について論じることはないが、裁判資料や各種の論文からもう少し細かく検討していく。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする