トップ >  メイク・マネー >  究極の節税法「パーマネントトラベラー」(2)

究極の節税法「パーマネントトラベラー」(2)

スイスに住民票を移したはずが・・・

 ハリポタシリーズの翻訳者・松岡佑子さんは2006年、東京国税局から35億円の申告漏れを指摘され、追徴額は7億円以上にものぼった。全世界で累計して2000万部を軽く超えるベストセラーとなり、映画も世界中で大ヒットに。そうしたファンや子供たちの熱狂とは別のところで、こうした“大人の世界”が存在した。

 松岡氏は日本で出版社の代表者ではあるが、2001年から住民票、住居ともにスイスに置いていた。そして同国に翻訳料の20%を源泉徴収して納税していた。本人にすれば、降ってわいたような申告漏れの指摘。松岡氏はこれを不服として、日本とスイスの両国に相互協議を申し立てたという。

 ただし、この案件に関しても、やはり完璧とまでは言い難く、いくつか引っかかる点はある。木村昭二氏は「このケースも(武富士と)全く同じですが、スイスの居住者であったと同時に、日本の翻訳会社の役員であったことが問題だったと思われます。また、この方も東京にマンションを持っていたということです。そして、日本で出版に関するプロモーションを頻繁に行っていたこともあるでしょう」と、考えている。

 実際には、松岡氏も前出の武井氏と共通点が多いということがわかるだろう。では、PTを実践したとして、日本国内にセカンドハウスを持つことは許されるのだろうか。

 「別荘が居所にあたるかどうかの問題になるので、当該個人の総合的および客観的事実に基づいて判断されると思われます。資産の大部分が海外で、海外に居所を持ち、仕事も海外で行っている、日本には会社を持っていないなど、海外が生活、仕事の中心であると判断されれば、日本の別荘は居所として見なされないでしょう。ただしケースによります」

 このへんもデリケートな話題だ。ただ、生活と仕事の拠点が日本国内にない、ということがキチンと証明できるかどうかが大事となる。では最後に、もう一例だけ紹介したいと思う。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする