トップ >  ニュース >  中国富裕層が違反を恐れない理由

中国富裕層が違反を恐れない理由

◆5年で世界シェア10%に◆
 1組の夫婦が飛行機の窓から外の景色を眺めていた。彼らは、飛行機を選びに来た“お客”だ。セールスマンは「プライベートジェット機(以下PJ)は出張用だけでなく、接待にも最適です。お客さんはきっと良い印象を持ってくれるでしょう」と巧みに売り込む。

 中国ではPJ機の売り上げも年々増えている。2009年11月~11年2月まで中国で登録されたPJは28機だったが、今年4月末までに香港やマカオを含めると126機に倍増した。2011年胡润財富報告」によると、1000万元以上(約1億2600万円)の資産をもつ富豪96万人のうち、実に6分の1がPJの購入を検討している事が明らかになった。今や中国富豪にとって成功の証なのだ。

 だが、中国のPJ市場は全世界で1%に満たない。今後、5年間で10%にまで増えると見られ、世界のメーカーが中国進出に力を入れている。

 現在、人気があるのはカナダのボンバルディアで、中国のPJ市場の30%を占める。同社はアジア・太平洋地域に中国を中心としたサービス網を建設予定で、既に3000万ドル(約24億5000万円)を投資した。

◆「黒飛族」がなぜ減らないのか◆
 一方で、現在の中国で増えているのが“黒飛族”と呼ばれる人たちだ。国の許可なしに空を飛ぶ人々のこと。PJの急増に、中国政府の対応が追い付かず、飛行許可の免許を取るためには未だに長期間、複雑な手続きが必要なのだ。

 黒飛族は見つかれば罰金が科せられる。この罰金、一般の人々ならとても支払えない額だが、PJを保有する富豪となれば“すずめの涙”。“黒飛族”が増える理由はここにある。また実際に捕まった人の話によると、本来なら10万元(約120万円)科せられたところが、当局との“話し合い”の末、2万元(約25万円)に減額されたのだという。

 実は中国政府もPJの普及に協力的で、5年以内に低空領域の開放を進め、長春、広州など一部の地域では、今年の末にも開放する見込みだという。また、PJ専用のレストラン会社や、車庫会社、修理施設や、操縦訓練施設など様々な関連施設の建設について支持しており、これも今後の普及が見込まれる大きな理由の一つとなっている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする