トップ >  ニュース >  漫画家トップ100の平均印税7000万円

漫画家トップ100の平均印税7000万円

 日本の漫画家トップ100の印税収入の平均は約7000万円だと、「海猿」「ブラックジャックによろしく」などで知られる漫画家の佐藤秀峰さんが、自身のツイッターでつぶやいている。

 佐藤さんは漫画研究者の人と先日会いその話題になったそうで、2009年に単行本を発行した漫画家は約5300人で、そのトップ100の印税収入が約7000万円になるのだという。

 日本も最も人気が高い「ワンピース」の尾田栄一郎さんは、年収が約31億円とTV番組の企画で推計されていた。そのうちの約13億円が単行本の売上印税だという。

 ちなみに、残り5200人の印税は約280万円だという。サラリーマンの平均年収を409万円として、漫画家が平均的なサラリーマンと同じ生活をするためには、毎年1冊以上単行本を発行し、累計で12万部を超える必要があるのだという。漫画家として一生をまっとうするのは、ほぼ無理だとしている。

☆「ゆかしメディア」は“IT×金融×富裕層”で実績があるアブラハム グループが提供しています。10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。出典を明記いただければ、引用・転載・キュレーションは自由です。

アブラハム・ウェルスマネジメント会員募集中 [安心の全額返金保証制度]>>

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)




富裕層限定 元本確保型 財産保全ノウハウ 無料誌上セミナー開催中!|アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社

富裕層限定 元本確保型 財産保全コンサルティング|アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社

INFORMATION

六本木ヒルズもダメ?「タワーマンション節税」の罠

おすすめ:六本木ヒルズもダメ? 「タワーマンション節税」の罠 相続税対策の富裕層や投資目的の外国人たちが買い進めているタワーマンション。昨今の東京の・・・

山口組元大幹部に渡っていた9億円分のリクルート株

おすすめ:山口組元大幹部に渡っていたリクルート株9億円分は紙くずに? 今年最大級の上場案件となることが確実視されるリクルートホールディングスだが、創業者の財・・・

ヘッジファンド通算リターンランキング

おすすめ:ヘッジファンド通算リターンランキング 40代アックマン氏が初ランクイン ヘッジファンド運用会社の運用開始から2014年末までの通算リターンのランキングが、投資・・・

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする


YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)とは