トップ >  クオリティライフ >  東大よりハーバードを目指すエリート高校生たち(前編)

東大よりハーバードを目指すエリート高校生たち(前編)

トップレベルの高校生が海外の大学を目指し始めた


ハーバード大学
 今、東大合格レベルのトップの高校生の間で、「国内より海外のトップ大学に進学したい」という動きが加速しています。難関大学受験生のための模試「プロシードテスト」は、2008年2月から、志望校として海外の大学も指定できるようになりました。その結果、高校1年生の6%、2年生の4%が第1志望に海外の大学を指定したそうです。またアメリカの大学入試に必要なSAT(適性試験)の模試も、2008年11月から国内で始まりました。

 東大・京大など国内最難関大学に合格できるレベルにあるのに、なぜ彼らは海外を目指すのでしょうか? また海外に進学するにはいつからどのような準備が必要なのでしょうか? 海外大学進学塾「ルートH」のエグゼクティブ・ディレクターであり、『東大よりハーバードに行こう!?』『5歳からはじめるハーバード留学準備』(アルク)などの著書を持つ森田正康さんにお話を伺いました。

 森田さんは12歳でカリフォルニアに移住。カリフォルニア大学バークレー校卒業後、ハーバード大学、ケンブリッジ大学、コロンビア大学の大学院に在籍。コロンビア大学博士課程在学中に日本に帰国し、現在は東京大学博士課程に在籍しつつ、京都情報大学院大学で教授を務めています。経験に裏打ちされたグローバルな視点から日本の教育の発展に尽力する、教育と海外留学のスペシャリストです。

実は50%の確率でハーバードに合格している日本人

―ハーバード大学は難関とされますが、日本人にとって実際どうなのでしょうか?
「ハーバードは知名度のわりに、毎年どのくらいの日本人が学部に入学するのか知られていません。ハーバードの教員から聞きましたが、毎年学部を受ける日本人は10人前後、入学するのは5人くらいだそうです。そう考えると約5割の人は受かっているわけで、確率としては高いですよね。日本人は大学院でハーバードに行く人は多いですが、学部で入学する人は稀で、しかもそういう人たちは日本に帰国しないことが多いです。そのため、この事実はあまり知られていません。」

―ハーバードの合格率はどうなのですか?
「今年度の合格率は7.9%でした。例年より下がっていますが、これはこの不況のせいで、奨学金制度がしっかりしているハーバードの受験者が増えたからです。ハーバードやイェールなど海外の一流大学は、奨学金制度もしっかりしています。例えばイェール大学の場合、世帯年収が6万ドル以下ならば0%の負担、6~12万ドル以下なら1~10%の負担、12万ドル以上なら平均10%の負担と決まっています。日本の大学に行くより、実は安くすんだりするのですが、この事実も知らない方が多いですね。ハーバードの合格率は低いですが、しかしコミュニケーション力さえあれば、日本人にとっては決して難しい試験ではありません。日本人はどんな評価基準なのかを知らなくて、語学ができないだけなのです。」

ハーバード大学
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする