トップ >  クオリティライフ >  東大よりハーバードを目指すエリート高校生たち(前編)

東大よりハーバードを目指すエリート高校生たち(前編)

ハーバードでも大学院と学部は全くの別物

―大学院からではなく、学部からハーバードに行くメリットは何でしょう? 大学院からでいいのでは、という人もいますが。
「そこは個人の問題ですが、しっかり専門分野が定まっていない状態の学部から入って足場を作れるというのは、将来の大きなアドバンテージなのではないでしょうか。また大学院と学部は全くの別物です。ハーバードの大学院の中でも、ハーバードビジネススクール(HBC)はさらに別物ですし。日本人には、社会人になってからHBSに留学した人も多いですよね。」

―HBSを出て日本の会社に就職しても上手く適応できない人や、会社で評価されなくてハーバードに行く意味を疑問視する人もいます。その点はどのようにお考えですか?
「それは日本に戻ってきたのが間違いだったんじゃないでしょうか。特にHBSは研究機関じゃなくて、ビジネススクールです。欧米企業ではハーバードのMBAは高く評価されて年収やボーナスがすごいけれど、日本はそれを評価する土壌がない。そのため海外で働くよりずっと給料が安い。それを評価されないと言っても無駄です。自分を最大限に評価してくれるところに行くのがビジネスの鉄則。だから他の学問の大学院とは違うと思いますよ。」

魅力は世界トップの人脈とグローバルな視点

―ハーバードなど海外の一流大学に行くメリットは何でしょうか?
「世界レベルの経験ができ、グローバルな視点が身につくことですね。文化的背景が異なる人とコミュニケーションするという経験は大きいです。ハーバードなどでは世界の5%、3%のトップと話すことができ、人脈ができます。勉強もスポーツも何でもできる真のエリートの彼らと、世界戦のスパーリングができるわけです(笑)。それに日本を外から見ると、日本人としてのアイデンティティもはっきりしてきますよ。

でも、僕はむやみに海外に行くことを薦めているわけではありません。東大でやりたい学問が決まっているならば、東大に行けばいいと思います。グローバル感があるかないか、それだけです。所詮は学問の場で、終着点ではないのですから。そこで何を得るかということが大事で、これが正しいということはない。逆に言えば、海外に行って一回失敗したからって死ぬわけではないし、どんどん挑戦すればいいのです。また、そういう思考の切り替えができる子じゃないとだめだと思いますね。」

ハーバード大学
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする