トップ >  クオリティライフ >  早起きで人生が好転する【2】

早起きで人生が好転する【2】

 出社前の時間を有効活用する“朝活”が注目を浴びているが、『「朝4時起き」で、すべてがうまく回り出す!』(マガジンハウス)を著し、Before9プロジェクトを主宰する池田千恵さんは、朝活の先駆者的存在。ヨジラー生活を実践し、その体験をもとに“正しい朝活”を提唱している池田さんに話を聞いた。

早起きで窓際からはい上がる


池田千恵さん
セミナーで説明する池田千恵さん
 就職活動も苦労しまして、30社落ちて拾ってくれたのがワタミフードサービス(元ワタミ)だけでした。当時はまだ知名度もありませんでしたが、創業社長の渡邉美樹さんは本当にパワフルな方だったので、その訓えを近くで聞きたいという気持ちがありました。

 当時のワタミはベンチャー精神があって、独立志向のある人にとっては、とても刺激のある環境でした。覚悟さえ決めれば、年齢に関係なく上に行ける実力主義のシステムで、同期でもどんどん出世していく人はいました。でも私は何もかも自分で考えろという環境になかなか馴染めなくて、全く仕事ができませんでした。ベンチャーを希望して入社したのに、大企業並みに一からきちんと教えてもらえることに期待していた、甘い考えが私の中にあったんですね。

 入社1年ほどで店長になり、店長になったら本部に行くというのが一般的だったんですが、店舗を任せるのは無理と判断されていたようで、店長になれないまま本部に異動という状況。総務部で備品管理をしていましたが、ここでもやはり使えない私は、入社1年半ですっかり窓際になっていました。

 その後転機となったのが、ワタミが設立する関連会社に出向となり、ワタミの創業時からブランディングプロデューサーとして手腕を発揮していたA社長のところに送りこまれたことでした。関連会社では、コピーや掃除の仕方、電話の受け方、基本の「き」から教えてもらったんです。裏を返せば、そんなことさえできない人間だったんですね。

 ここで大学入試のときと同じ危機感を感じたんです。このままでは自分はダメになる。そしてあのときと同じように始めたことが早起きでした。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする