トップ >  ニュース >  200人に1人が資産12億円以上の中国辺境地

200人に1人が資産12億円以上の中国辺境地

 中国政府が発表した調査報告で、内モンゴル自治区・オルドス市の一人当たりのGDPが香港を越え、中国1位となった。

 オルドスは資産総額が1億元(12億円)を超える富豪の数が7000人以上にのぼり、資産総額100万元(1200万円)の人は“貧乏”とみなされるほどだ。市内では217人に1人が億万元長者、15人に1人が1000万元長者となる計算。中国で一番裕福な都市は、北京でも上海でも、香港でもなく、北の砂漠の辺境地、内モンゴル自治区のオルドス市だった。

 中国内モンゴル自治区西南部に位置するオルドス市は人口150万人、中国でいえば地方の小都市といったところ。かつて牧畜と農業が中心だったが、年々砂漠化が進み、農地を奪われた農民は北京で物乞いをするほど貧しかったという。北京で、物乞いをしている人の出身をたずねれば、そのほとんどがオルドス市だった。ところが、その“オルドス”がGDPで中国1位となった。

 オルドスがここまで豊かになった理由は、石炭を始め豊富な資源にある。中国政府は2004年、西部大開発構想の一環として、炭鉱開発の為に巨額の補助金を投資している。オルドスでは毎年5億トンもの石炭を産出し、2250億元(約2兆8000億円)の資産が増え続けているという。それに加え、中国有数の羊毛産業基地であり、石炭の他にも石油や天然ガスなどの天然資源がある。

 こうした産業に支えられ、オルドスの人たちは急速に豊かになった。10年に中国で販売されたランドローバーの90パーセントはオルドスの人が購入し、市内では高級オフロード車をよく見かける。ある温州の企業家が、オルドスでお手伝いさんを雇ったところ、そのお手伝いさんはトヨタのオフロード車で現れ「お金には困っていないが、家にいても退屈なので暇つぶしに働く」と説明したという。

 一方で、オルドス市では富裕層をターゲットにおよそ50億元(約620億円)かけて一戸建て高級住宅地が建設されたが、入居者がおらず、「ゴーストタウン」として問題になっているという面もある。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする