トップ >  メイク・マネー >  「創業一族の乱」株主提案がなぜ必要か?

「創業一族の乱」株主提案がなぜ必要か?

 株主総会の本格的なシーズンが到来したが、株主提案が出されている企業が例年以上に目立つ。以前は配当などに矛先が向けられていたが、今年は取締役の解任や、中長期の経営方針など様々だ。東証一部「HOYA」に昨年から株主提案を行っている、創業家出身の山中裕氏は意義を「世代間の不平等をあらためて、30、40代からリーダーを出すこと」と話す。シーズン真っただ中の今こそ、株主提案の意味をここでもう一度考えてみたい。

日本企業の役員は高齢化しすぎ


エクソンモービル
エクソンモービルの定時株主総会
 昨年のHOYAの定時株主総会では、山中裕氏が提案した、取締役の報酬個別開示議案では、過半数に迫る45.37%の賛成を得るなど、一定の成果を収めることができた。株主提案で、これだけの賛成を集めたことは異例の出来事となった。

 提案を行った山中氏はHOYA創業者の山中茂氏の孫にあたり、現社長の鈴木洋氏とはいとこの関係にあたるために、世間からは「骨肉の争い」などと大いなる関心を呼んだ。しかし、当の山中氏は、その点については多くを語りたがらないが、あえて注目を集めるという要素を計算に入れた上で提案を行っているように見える。

 「日本は株主の権利を強く規定されている割には、株主提案では諸外国と比べて遅れています。株主が取締役会と直接対話できる機会は他にはなく、株主提案をもっと有効に使うべきです」

 提案で伝えたい山中氏のメッセージ。それはHOYAの中にも見ることができる。業績が停滞しているにも関わらず、取締役会が高齢化し、さらに90年代以降は研究開発によって新しい事業を育成できていないという。

 高齢化によって、チャレンジする風土が欠けてしまったということなのか?
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする