トップ >  メイク・マネー >  シャープ片山社長「高齢者を大切にする」宣言に失笑 

シャープ片山社長「高齢者を大切にする」宣言に失笑 

「株主軽視にもほどがある」


シャープ
シャープの株主総会の会場入り口
 「毎年、出席しているんですが、会場入口の混雑。あれはなんですか。株主に対する礼を失しているんじゃないですか」と激怒。そのとたん、会場から「その通り!」と拍手が。

 別の高齢株主も「20分前に会場に到着したのに、混雑のために、ホールに入れたのが10時3分。開会に間に合わなかった。株主軽視にもほどがある。年配者が長い時間入口で待たされているのを、いったい、どう考えているのか」。

 片山社長は「本当に申し訳ありません」と陳謝。「年配の方々を大切にするのはシャープの根本姿勢。来年は必ず…」と繰り返した。

 さらに追い打ちをかけたのが、堺工場の工場見学問題。これは最新の設備を備えた工場を株主に見てもらおうと、シャープが昨年実施したイベントだった。質問に立った株主が「定員100人のところに5000人の応募が殺到し、抽選もれで見学できなかった」と暴露した。そして、追いうちをかけるようにこう言った。

 「トヨタは工場見学に3万人の応募が殺到したとき、3日間の予定を1カ月間に延長して全員を見学させたというじゃないですか。こういうのがブランド力というんじゃないですか。それに比べてシャープはなんですか?」

 工場問題はこれで済まなかった。運よく見学できたという別の株主は「見学に役員が一人もきてなかったのはどういうこと?」と指摘し、株主軽視の例として示した。

 業績以外のことで猛攻撃。片山社長は「ご指摘を真摯に受け止め、工場見学、入場の混雑の問題は必ず解消したい」と約束した。液晶テレビの価格低下で苦戦を強いられるシャープ。震災の影響などで仕方のない面もあるが、株価低迷に不満を抱く株主の鬱屈した不満が思わぬ形で暴発したようだ。

 一方、本業については、「これぞ、というヒット商品がない」「震災後も株価が回復しない」という厳しい意見も出たが、結局、役員賞与支給や取締役11人の選任など5件の議案についても、あっけないほどシャンシャンで可決した。

 終わってみると、総会は昨年より30分以上長い、2時間余り。閉会が告げられると、会場で隣に居合わせた高齢の男性株主は、腕時計をちらっとみて「今年は、えらいきつかったなぁ」と苦笑いをしていた。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする