トップ >  メイク・マネー >  議長の解任動議「3度」!異例の東電株主総会

議長の解任動議「3度」!異例の東電株主総会

 東京電力は28日、都内で定時株主総会を行い、過去最高の延べ9282人(午後1時半現在)が出席し、予定していた会場に収容できず急きょ第1~5まで会場を同じホテル内に用意したが、入りきれずに廊下にも株主があふれた。時間も過去最長の3時間半を超え、しかも議長である勝俣恒久会長の緊急解任動議が3度も出されるなど前代未聞の大荒れ総会となった。

最初から議長解任の緊急動議


東電 株主総会
東電の定時株主総会会場(都内のホテル)
 議長の勝俣恒久会長は「福島第一原発事故や供給力不足による計画停電により、株主や地域の皆さま、広く社会に多大なご迷惑とご心配をかけ、心より深くおわび申し上げます」と謝罪した。
 
 しかし、福島第一原発の事故の対応、さらには、この日の会場内での対応の不手際、株主たちはいら立っていた。会場ではいきなり、女性の株主から議長解任動議が出された。ここで挙手による多数決の結果、ほぼ「賛成」「反対」が拮抗する中で、動議は否決となった。

 結果としては、この議長判断が株主の怒りに火を注ぐことになった。昨年の総会の出席者数は延べ3917人。今回はそれをはるかに上回る9282人にまで膨れ上がっていた。

 60代の女性は「こんなことになったから、今年久しぶりに行くことにしました。いい株だったから(東電株を)孫に残してやろうと思っていたのに…」と残念そうに話していた。

 そうした、やり切れない思いを胸に、総会の会場に足を運んだ株主は多かったのではないだろうか。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする