トップ >  メイク・マネー >  月収1655円から18500000円にした営業術【3】

月収1655円から18500000円にした営業術【3】

すべての人が営業に向いているわけではない

 人を介す、イベントで引きつける、直撃する。この3つを必ずセットでやると、相手が化学反応を起こすのが見えます。でも人には好き嫌いがあるので、勉強は苦手だとか、人と押したり引いたりの渡り合いが苦手だという人もいるでしょう。この3つを楽しめるタイプが営業に向いていると思います。セミナーの参加者でも「この人は仕事を間違えたな」と思う人も確かにいます。たとえば、自分が向いていないと思っていたら、3年やってみて楽しさを感じられなければ、諦めた方がいい場合もあります。

 自己イメージは大切で、最初から自己イメージの高い方は成功する確率も高いですね。一営業でも社長と平気で付き合えて、社長に教える立ち位置につけるような人です。それは能力ではなくて自己イメージの問題だと思うんです。目上の人に対して引いてしまうという気持ちは、一番大きなブロックになってしまう。

 僕自身、自己イメージが低いところで転職し、徐々に高くしていったのでよくわかるんです。生まれながらのトップセールスマンというカリスマもいますが、逆に彼らにはこの壁が全然理解できないのではないでしょうか。

 僕の中にあった壁は実は母子家庭でした。そのコンプレックスが抜けておらず、自分のブレーキはこれだったんだと知りました。逆にそれを克服することで自由になれるのではないかと思ったんです。

 以前、人と二人きりになるのが怖い対面恐怖症のところがありました。保険屋になってよかったことは、どんな人にでも話せる話題があることで、人と話すのが次第に怖くなくなってきました。とはいえ、今でもテーマがある勉強会は好きですが、テーマもなく二人きりで何となく飲むのは苦手です。それは、二人きりだと価値のない自分がバレるからだとわかりました。

 自分は世の中から見たら一段下だし、価値が無いから目立つなって言っている8歳の時の自分が心の中にいる。その反面、いや、違う、俺は仕事で成功することができたんだと、反論している今の自分もいる。2人の自分がいることを知ったからこそ、保険屋で成功できたし、本を出すこともできたと思っています。

 心のブレーキというものは、完全に払しょくすることはできないですが、徐々に小さくしていくことは可能だと感じています。僕の場合、セミナーという発表の場があるので、話すことで癒されてコンプレックスが薄まって行くと感じています。

 心の中のブレーキが何かわかった途端、経営もよくなって増収を続けています。自己イメージができあがるのは10歳前後の子どものころだそうで、そのころにできた自己イメージに気付かないと、同じ失敗を何度も繰り返してしまうんです。

 自分の仕事に自信が持てない人は、一度自己イメージをチェックする作業をしてみるのもいいかもしれません。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする