トップ >  YUCASEE コラムニスト >  世界遺産を巡るお薦めコースと旅の情報 >  写真で届ける世界遺産(フランスその7、ナンシー)

写真で届ける世界遺産(フランスその7、ナンシー)

MR.世界遺産
MR.世界遺産
世界遺産巡りを趣味とするIT企業の会長です。出張や観光で海外の遺跡を数多く見てきましたが、中世ヨーロッパの石の建造物に魂を揺さぶられるような感動を受けることがあり、今は世界遺産を中心に旅をしています。既に世界遺産936件中、154件を訪問しましたが、うち126件がヨーロッパです。今後も旅を続け、世界遺産の魅力をお伝えできればと思います。

 ナンシーはパリ東駅からTGV(フランス高速列車)で1時間30分。13世紀からロレーヌ帝国の首都として栄え、18世紀半ばに大規模な都市改造で近代都市に生まれ変わりました。

 駅を出て左にあるスタニスラス門をくぐって、世界遺産に登録された3つの広場に向かいます。
004

 10分程歩くとスタニスラス広場が見えてきます。ロココ芸術の傑作を配した大広場の完成は1755年。中央の像はスタニスラス王ですが、革命以前はルイ15世の像だったそうです。
029

 ナンシー生まれの建築家エマニュエル・エレが設計し、金工芸家のジャム・ラムーレが装飾を施した黄金色の鉄門です。
014

 街灯の1本、1本にまで、優美なロココ装飾が施されています。
020

 貝殻のような曲線に金色の塗装を施したロココ装飾は、当時ヨーロッパ貴族の間で流行しましたが、その最たるものがこのネプチューン門の装飾と言われています。
010

 次に2つ目の広場である、アリアンス広場にやってきました。ここには黄金色の装飾品はなく、ちょっと拍子抜けしますが、中央にはロココ彫刻の噴水がありました。
024

 再びスタニスラス広場に戻り、3つ目の広場であるカリエール広場に向かいます。
美しい建物の正面に見えるのが凱旋門。
013

 カリエール広場にはロココ様式の門があり、奥にプチ・トラン、さらにその奥にはロレーヌ博物館が見えます。
017

 門の装飾をアップで撮ってみました。門が黒に近い鉄骨細工で、さらに黄金の装飾が施され、両方の色と形が見事に調和して、豪華さと美しさを現しています。
037

 19世紀末に、ナンシーではロココ様式をさらに実用的に発展させたアール・ヌーヴォー様式が生み出されます。そういえばアール・ヌーヴォーを代表するガラス工芸家のエミール・ガレはナンシーの出身でした。

 3つの広場は近接してるので、ゆっくり歩いても1時間あれば見て廻れます。古き良き18世紀を感じながらの散歩が楽しめます。ナンシーの3つの広場は1983年に世界遺産に指定されました。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする