トップ >  クオリティライフ >  元NBA姚明氏「株の神」だった

元NBA姚明氏「株の神」だった


ヤオ・ミン選手
ヤオ・ミン選手(中)
 プロバスケットボールNBAの姚明(ヤオミン)氏(30)は先日、出身地である上海で引退会見を行った。身長220センチ、体重141キロと、NBA一の長身を持つ彼は、「歩く万里の長城」とも呼ばれる中国の人気スターだ。姚明氏はNBAに入って引退までの8年半という短い間に、単にスーパースターになっただけでなく、億万長者へと成長していた。この間の収入は合計20億元(約240億円)に上る。

両親ともプロバスケ選手だった

 もともと両親とも元プロバスケットボール選手という、スポーツ一家に育ったが、姚明氏の幼いころは貧しかった。上海青年チームに入った時も、サイズの合った靴が買えなくて悩んでいたほどだ。その後、地元の上海シャークスと契約したが、当時中国のプロスポーツ界は厳しく、給料は少なかったので、自分の車さえ買えないほど質素な生活だった。この時は、自分の生活を助けるために、雑誌などに文章を書いて小銭を稼いでいたという。

 姚明氏が“貧乏暮らし”から脱出できた第一のきっかけは、やはり2002年にNBAヒューストン・ロケッツに移籍したことだろう。このときの移籍金額は4年間で1780万ドル(約14億円)。初め1年間は385.8万ドル(約3億円)だった。さらに06年にも契約を更新し、この時の契約金は5年間で7535万ドル(約60億円)に上った。

 プロバスケットプレーヤーとして給料を得る他に、大きな収入源は何と言っても広告だ。2000年のオリンピックから、彼をイメージキャラクターに起用する企業が相次いだが、NBAに移籍してからその勢いはさらに増していった。マクドナルドやアップル社など大手の外資企業を始め、カード会社やゲーム会社、バスケットボールシューズメーカーなどが次々に彼を起用している。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする